オートデスクに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

オートデスク、「Autodesk LIVE」の発売を発表 BIMデータからVRなどに使えるコンテンツを簡単に作成できるクラウドサービス

2016年09月21日 13時13分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
オートデスクは、BIMソフトウェア「Autodesk(R) Revit(R)」のBIMデータから、バーチャル リアリティ(VR)などに使える3Dインタラクティブ コンテンツを簡単な操作で作成できるクラウドサービス「Autodesk LIVE」を、9月下旬から同社のオンラインストアで発売することを発表した。

同社はソフトウェアとクラウドサービスを連携させて、高品質な3Dインタラクティブ ビジュアライゼーションを実現する技術「LIVE Design」の開発を進めており、今回はその第1弾となる。

このサービスを利用することで、建設プロジェクト関係者、施主、利用者など、立場の異なる人たちが完成前の建物や施設の内外をバーチャル上でリアルに体感できるようになり、今までとは異なる新しい方法でプロジェクトの品質向上を目指すことができるという。

URL : http://area.autodesk.jp/product/live/


●建設プロジェクト関係者のメリット
このコンテンツにはBIMデータが含まれるので、完成後のイメージが理解・共有しやすくなるだけでなく、より質の高いレベルの情報共有による業務効率の向上と作業品質の向上が期待できる。検討後の修正は設計者がRevitのBIMデータで行いますので、外注業者や多くの人を介在する必要がなく、すべての情報が一元管理される。

●施主、利用者のメリット
着工前や完成前に、さまざまな条件の使い勝手をバーチャルでリアルに体感できるので、運用後のイメージをより明確に理解することができる。また、異なる用途で見せたい場面をだけを組み合わせてプロモーションに使用することも可能。


■Autodesk LIVE 概要
・ 発売日: 9 月下旬
・ 希望小売価格(税抜): 1 カ月 5,000 円
・ 提供方法: オンラインストア store.autodesk.co.jp
・ 動作環境: Microsoft® Windows® 7(SP1) / 8.1 / 10。64 ビット OS のみ
http://autodesk.com/live-systemrequirements
・ 対応 VR 機器: HTC Vive、Oculus Rift

■Autodesk LIVE Viewer
・ 提供開始日: 9 月下旬
・ 希望小売価格(税抜): 無償
・ 提供方法: Web サイト www.autodesk.com/products/live/viewer
・ 動作環境: Microsoft® Windows® 64 ビット OS、
iOS® 9.0 以降(iPad Air 以降、iPad mini 2 以降、
iPad Pro 以降)
・ 対応 VR 機器: HTC Vive、Oculus Rift 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
3 360Channel、身の毛もよだつVRホラー映像『むこうがわ~VR恐怖体験~』チャンネルの配信開始…スマホでも簡単に視聴が可能
4 【イベントレポート】PS4ProとPS4の性能比較 センスオブプレゼンス高める更なる可能性とは…「VR Tech Tokyo#4」レポートその3
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
9 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど