ワンダーリーグに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ワンダーリーグ、スマートフォンVRコントローラー「Vroom Project」をKicskstarterで先行リリース

2016年10月07日 13時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加




ワンダーリーグは、10月7日、スマートフォンコンテンツ開発の技術を生かして、スマートフォンVR市場に参入し、世界展開の布石としてKicskstarterにおいて、VRコントローラー「Vroom Project」を先行リリースしたと発表した。2017年春に正式ローンチ予定。

「Vroom Project」とは、Google Daydreamがカバーしない領域(対応端末)やビジネス概念(カスタマイズ可能)をVroomが補完することで、DaydreamとともにスマートフォンVR市場をけん引していく第三のスマートフォンVRプラットフォーム。
 
1. iPhone6・7及び既存のandroid端末に対応するモーションコントローラーを企画、開発、提供する。
2.コントローラーはオープンソースとして誰もが開発可能になる。
3. Unityに対応した開発環境(SDKとアセット)があり、誰でも手軽に対応アプリが開発できる。

VRコントローラーの利用方法としては、iPhone6や7のほか、Gear VRにも対応しているため、そこでの利用を想定しているとのことだ。さらに、スマートフォンなしに動作する「一体型VRビュー ワー」でも活用することができるとのこと。

 


スマートフォンで気軽に体験できるVRビューワーは一般的になりつつあるが、VRコントローラーが不在であったことから「見るだけのVR」だった。こうしたなか、VRコントローラーを備えるgoogle Daydreamが登場したことで、スマートフォンにおいても魅力的なVRゲームがリリースされ、市場を牽引していくと予測されている。

同社では、アプリデベロッパーやVRビューワー開発メーカー、玩具メーカーなどにVroomを開放し、Vroomを活用したVRアプリやコンテンツ制作を支援するほか、アプリ開発ツール、相互送客ネットワークの実現なども行っていく考え。


 


 
<Vroom Projectのラインナップ>

ハードウェア領域
・Vroomモーションコントローラー
・Vroomオープンソースキット
・Vroomファームウェア

ソフトウェア領域
・Vroom SDK for unity
・Vroom Asset for unity

開発者向けサービス
・Vroomデベロッパーズクラブ 


 
■関連サイト
 

Vroom Project

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど