じぶんの地盤アプリ、地盤ネットホールディングスに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

スマホのカメラをかざすだけで300m先の地盤情報がわかる! 地盤ネットHD、ARサービス「じぶんの地盤アプリAR版」Android版の一般公開を開始

2016年10月20日 13時21分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



地盤ネットホールディングス<6072>は、10月19日、子会社の地盤ネット総合研究所が開発した「じぶんの地盤アプリ」AR版(Android 端末限定)の一般公開を開始したと発表した。アプリでの提供ではなく、ウェブサービスになるという。iOS版は近日リリースする予定。

「じぶんの地盤」は、専門的な知識を必要とせず現在地の地盤リスクを点数で誰でも簡単に知ることができるウェブサービスとして一般公開しているが、今回、現在地からさらにスマートフォンに搭載されているカメラ映像に合わせて、周辺地域の地盤安心スコアを360度視覚化するAR(Augmented Reality)機能を追加したとのこと。

この機能により、利用者は、スマートフォンをかざすことで、現在地から最大300m先の地盤情報が可視化され、地盤リスクに応じた安心・安全な土地探しや土地選び、自然災害に備えたより安全な地盤エリアを事前探索するなどの活用が可能となるという。先行してAndroid端末限定のトライアル版を一般公開したとのこと。

 


 
■関連サイト
 

詳細ページ





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 人間の視覚に最も近い VR HMD「StarVR One」発表 重量450gでSteamVR 2.0トラッキングにも対応
2 【おはようVR】7月のPSVRトップダウンロード(US) モノビットエンジンがアップデート 「VRクリエイティブアワード 2018」ファイナリスト作品発表など
3 EXPVR、VRアクションゲーム「BE THE HERO」で「1st CHAMPIONSHIP」を開催 MRトレイラーも公開へ
4 NVIDIA、TuringベースのGPUを搭載した「Quadro RTX 8000」などを発表 
5 「VRクリエイティブアワード 2018」ファイナリスト作品が発表 ハシラス「ハッピーおしゃれタイム」、「バーチャルキャスト」、『ムー 未知との交信VR』など
6 クロスデバイス、「VR Centerイオンレイクタウン店」に実際に自転車漕ぐ「VR-CYCLE」を設置 
7 【PSVR】7月のトップダウンロードは「Rick and Morty: Virtual Rick-ality」が首位 協力型の爆弾解体パズル『Keep Talking and Nobody Explodes』が7位に
8 イオンレイクタウンVRCenterで、『VR-CYCLE』と『VR SUPER SPORTS』などを導入
9 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」体験版が8月16日に配信へ
10 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど