CRI・ミドルウェアに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

CRI、ゲーム開発向けCRIWAREのロードマップを発表 VR向けには「触覚対応」および「音声・動画機能の強化」

2016年11月09日 11時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


CRI・ミドルウェア<3698>は、本日(11月9日)、ゲーム開発向けCRIWAREのロードマップの発表を行った。ロードマップにおけるポイントは、「対応ゲーム機の拡充」、「CRIWAREのオープンプラットフォーム化」、そしてVR向けとして「触覚対応、および、音声・動画機能の強化」を挙げている。

さらに、PC環境向けの立体音響に対応し、HTC ViveやOculus Rift向けコンテンツ開発で、ADX2の立体音響機能を使えるようになることや、Sofdec2エンコーダの入力として、MP4ファイルのインポート機能を追加。MP4の直接入力で、エンコード作業量を大幅に軽減できるという。


■対応ゲーム機の拡充に関して

先日発表された「ニンテンドースイッチ」や、Xbox OneでのUnity開発向けにCRIWARE対応することなど。


■CRIWAREのオープンプラットフォーム化

サウンドミドルウェアCRI ADX2への、第三者が独自のプラグイン(エフェクトやレベルメータ)を組み込める仕組みを提供。

■VR向けとして「触覚対応、および、音声・動画機能の強化」

触覚ミドルウェアCRI HAPTIX(以下HAPTIX)を、PlayStationVR、HTC Vive、Oculus Riftなどのコントローラに対応。HAPTIXは、VRの映像や音声に連動した触覚演出を実現するもの。

コントローラの振動機能を使い、プレイヤーの動きなどに応じてインタラクティブに変化する映像・音声に合わせた触覚演出を実現するという。


これらの機能の詳細に関しては、以下のURLから確認しよう
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000hpc2.html
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CRI・ミドルウェア

ピックアップ

記事ランキング

1 新会社バンダイナムコアミューズメントラボが10月に設立 VRや最新アーケードなどリアルエンタメ機器専門の開発集団
2 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
3 『VR ZONE OSAKA』の設置アクティビティ発表 新作「ゴジラ」や「ドラクエ」など…チケット予約は8月23日から開始へ
4 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
5 IVR、無料のVtuber支援サービス「Vカツ」を発表 様々なパーツを組み合わせて自分だけのアバター作成へ
6 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
7 ユニットコム、 GTX1070とCore i7 8750H搭載のフルHDノートPCを197,618円(税込)で販売開始
8 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
9 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
10 SIE、『Marvel’s Spider-Man』仕様のPS4 Proを9月7日に数量限定販売へ ゲームディスクやシーズンパスも付属で46,980円(税抜)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど