VR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

HDMI規格のバージョン2.1が発表 8K60Hz、4K120Hzなどより高い解像度やリフレッシュレートのサポート…ダイナミックHDRへの対応も

2017年01月06日 11時44分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
HDMI Forum, Inc.は、HDMI規格のバージョン2.1を発表した。この規格によって、8K60Hz、4K120Hzなどより高い解像度やリフレッシュレートの向上や、ダイナミックHDRなどの対応がなされ、旧バージョンとの後方互換も維持されている。

<以下、プレスリリースより>

■HDMI規格2.1の機能

-より高い動画解像度は、没入型視聴やスムーズで素早いアクションのディテールのために、より高度な解析度と、より速いリフレッシュレート(8K60Hzと4K120Hzを含む)のレンジをサポートします。
-ダイナミックHDRは動画のすべての瞬間で(シーンごと、あるいはフレームごとに)深度、ディテール、明るさ、コントラスト、幅広い色域が最適な度合いで表示されることを確実にします。
-48GケーブルはHDRの8K動画などの非圧縮HDMI 2.1機能をサポートし、帯域幅48Gbpsまで対応可能です。このケーブルはHDMI規格の旧バージョンとの後方互換性があり、既存のHDMI機器で使用できます。
-eARCが、オブジェクトベースオーディオなどの最新のオーディオフォーマットをサポートし、最新のオーディオ信号コントロール機能(デバイス自動認識など)を可能にします。
-ゲームモードVRRの可変リフレッシュレートは、3Dグラフィックプロセッサがレンダリングされたイメージを瞬間に表示できるようにし、よりスムーズでディテールの優れたゲームプレーを実現します。また、ラグやスタッター、ティアリングを低減または無くします。

この新規格はすべてのHDMI 2.0採用企業に提供され、2017年の第2四半期初めに予定しているリリースに合わせて告知されます。

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
3 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
4 視野角210度のVRHMD「STAR VR ONE」が日本国内で販売開始 価格は44万5千円(税抜)でエルザ ジャパンやCYBERNETが取り扱い
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
7 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
8 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
9 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど