ファイナルファンタジーXV、スクウェア・エニックス、PlayStationVR(PSVR)に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【FFXV】全世界で販売本数が600万本突破 ゲーム内カメラ機能の拡充等のアップデートの実施なども

2017年01月10日 19時16分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



スクウェア・エニックスは、本日(1月10日)、11月29日に全世界同時発売したゲームソフト「ファイナルファンタジーXV」の販売本数1が、全世界で600万本*を突破したことを発表した。世界各国のダウンロード販売も好調で、1月24日には新たなアップデートも行われる予定だという。

*パッケージ出荷本数とダウンロード販売本数の合計

<以下、プレスリリースより>

■世界各国でダウンロード販売も好調

「ファイナルファンタジーXV」は、シリーズの特徴である圧倒的な世界観とグラフィックに加え、高い自由度と臨場感を味わうことができるオープンワールドの採用、アクション性の高い爽快なバトルシステムの導入などが、多くのお客様から好評を博しています。発売初日に全世界500万本の販売本数*1を突破、その後も順調に追加出荷とダウンロード版の販売が伸びた結果、この度、全世界の販売本数*1が600万本を突破いたしました。


■今後もコンテンツを順次拡充、次回アップデートは1月24日予定

お客様にさらに深く「ファイナルファンタジーXV」をお楽しみいただくため、2016年12月22日(木)には第一弾ダウンロードコンテンツとして「ホリデイパック+」の配信を開始いたしました。また、2017年1月24日(火)からは、街全体でお祭りをお楽しみいただけるインゲーム・イベント「モグチョコカーニバル」を期間限定で開催します。

同時に、ゲーム内カメラ機能の拡充等のアップデートを実施する予定です。それ以降もゲーム本編をさらに進化させるアップデートを順次実施していくほか、新しい遊びをご提供する有償追加ダウンロードコンテンツの配信も行い 、「ファイナルファンタジーXV」の世界をさらに深く広く楽しんでいただけるよう、拡充を図ってまいります。

 
■『ファイナルファンタジーXV』

最先端ゲームの感動体験をすべてのユーザーに──。初めて「ファイナルファンタジー」をプレイする人のための、15番目の最新作。「リアル」と「ファンタジー」の融合により生み出される圧倒的な世界観とグラフィック、そしてシリーズ初の挑戦となる「オープンワールド」の採用、さらにアクション性の高い爽快なバトルの導入によって、プレイヤーは世界に浸り、これまでにない最高の自由と臨場感を味わうことができるという。

なお今後のアップデートでPlayStation VR(PSVR)に対応が予定されている。タイトルは『ファイナルファンタジーXV VR EXPERIENCE』として、公開された映像では主人公を含む4人組のひとりの視点となり、大型モンスターと対峙するシーンが描かれている。主観視点の迫力あるシーンをはじめ、本作の特徴的なシステムである瞬間移動などもVR体験として味わえるという。
 

公式サイト

 
© 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( PlayStationVR(PSVR)ファイナルファンタジーXVスクウェア・エニックス

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
6 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
7 『VR ZONE Portal』神戸の料金体系とアクティビティが決定 料金はひとり1回1000円に
8 【インタビュー】VR×女性向けコンテンツの相性とは いち早く同ジャンルのVR開発に取り組んだエイタロウソフトの挑戦
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど