マウスコンピューターに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

GTX1080 SLIを搭載した17.3型 4K液晶ゲーミングノートPCが「G-Tune」から発売 330WのACアダプタを2個接続するパワーコンバーターも

2017年01月11日 18時16分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
マウスコンピューターは、ノートブック向け最新世代グラフィックスのGeForceGTX1080をSLI接続で2基搭載し、17.3 型 4K-UHD 液晶パネルを採用した、ハイパフォーマンスゲーミングノートパソコン 「NEXTGEAR-NOTE i71110 シリーズ」 を販売開始したと発表した。価格は42万9800円(税別)より。

スペックを最小構成にした場合は、

CPU:インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー
GPU:【SLI】GeForce® GTX 1080(GDDR5X/8GB)×2基
メモリー:16GB DDR4 PC4-17000
ストレージ:480GB シリアルATA SSD (6Gbps)
液晶:17.3 型 4K-UHD IPS 方式 G-SYNC™ 対応ノングレア液晶(3,840×2,160)
無線LAN:IEEE802.11 ac/a/b/g/n 対応 最大 433Mbps 無線 LAN+Bluetooth® 4.2
OS:Windows 10 Home 64 ビット
価格:42万9,800円

<以下、プレスリリースより>

GeForce® GTX 1080 を SLI 接続で 2 基搭載する圧倒的なグラフィックス性能と、デスクトップ向けインテル® Core™ i7-6700 または i7-6700K プロセッサーによる高い CPU 性能、さらに G-SYNC™ に対応した 4K-UHD 解像度液晶パネルによって、最新の 4K 環境に対応したゲームタイトルを、より美しく、迫力ある映像で楽しむことができます。
DDR4 64GB メモリや NVMe 対応 M.2 PCI Express Gen3×4 接続 SSD など、さらに快適な性能を提供するカスタマイズにも対応しており、目的に合わせた仕様を実現することが可能なモデルです。
本製品は、2017 年 1月 11日(水)午前 11 時より 、G-Tune ホームページ、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、G-Tune : Garage 秋葉原店、電話通販窓口にて受注および販売を開始しております。

■ラインナップ
 

■製品特長

高速グラフィックス GeForce® GTX 1080 を 2 基、SLI 接続で搭載
ハイパフォーマンスグラフィックスの GeForce® GTX 1080 を 2 基、並列動作させる SLI 接続で搭載することで、従来のゲーミングノートパソコンでは実現できなかった別次元の圧倒的なグラフィックス性能を発揮します。
高いグラフィックスパフォーマンスが要求されるコンテンツや美しく写実的な映像表現を可能にする 4K 対応ゲームタイトルなど、あらゆる用途で高い処理性能を発揮します。
 

<Futuremark 3DMark Fire Strike Graphics score ベンチマークスコア>
Windows 10 Home 64 ビット環境 フルHD 解像度 G-SYNC™ オフ
・NEXTGEAR-NOTE i71110 : インテル® Core™ i7-6700K, Z170, 32GB メモリ, SSD, GTX 1080-SLI(ノートブック向け)
・NEXTGEAR i650 デスクトップ : インテル® Core™ i7-6700K, Z170, 32GB メモリ, HDD, NVIDIA TITAN X(デスクトップ向け)
・NEXTGEAR-NOTE i7900 : インテル® Core™ i7-6700K, Z170, 32GB メモリ, SSD, GTX 1080(ノートブック向け)
・NEXTGEAR-NOTE i71101: インテル® Core™ i7-6700K, Z170, 16GB メモリ, SSD, GTX 980M-SLI(ノートブック向け)
※スコアは自社測定による参考値です。使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動します。



■ハイパフォーマンスを実現する電源仕様
 

GeForce® GTX 1080 を 2基など、高い電源要件に対応するため、330W 出力の ACアダプタを 2個併用することで、計 660W の電源供給を実現。本製品が持つパフォーマンスを十分に発揮するために必要な電源供給能力を有しています。
2個の 330W 出力の ACアダプタは、専用のパワーコンバーターを介して本体に接続し、合計 660W の電源を供給します。

その他、さらなる詳細は公式サイトで確認が可能だ。

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( マウスコンピューター

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
6 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
7 『VR ZONE Portal』神戸の料金体系とアクティビティが決定 料金はひとり1回1000円に
8 【インタビュー】VR×女性向けコンテンツの相性とは いち早く同ジャンルのVR開発に取り組んだエイタロウソフトの挑戦
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど