PlayStationVR(PSVR)に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

コーエーテクモ、VR筐体「VR SENSE」発表会の様子をお届け前編…『三國無双VR』など3本のゲームを発表、開発秘話やオペレーション要員不要など

2017年02月06日 18時27分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



コーエーテクモゲームスは、本日(2月6日)、東京都内において、新規VR筐体「VR SENSE」を発表を行った。PSVRを利用した筐体は、ゲームはもちろん様々な形態で運営を検討してるという。
 

▲コーエーテクモホールディングス代表取締役社長 襟川陽一 氏

発表会では、まず主催者挨拶として、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長 襟川陽一 氏が登壇。

「VR SENSE」はゲーム専用機ということだけではなく様々なエンターテイメントにも期待できる汎用性を持った筐体であると説明。コーエーテクモグループ各社が、VRという非常に話題の人気のある技術についてはコンテンツを出し、広く楽しんで欲しい。是非ともご支援ご協力をお願いしますと挨拶を行った。
 

▲コーエーテクモホールディングス 代表取締役会長 襟川恵子 氏

またコーエーテクモホールディングス 代表取締役会長 襟川恵子氏も続いて登壇。「VR SENSE」の開発秘話や機能のプレゼンテーションについて語ってくれた。

当初、いいアイディアがあって「VRをやりたい」と、経営幹部に言った所「ビジネスモデルが確立されてないし、作ってるところは赤字。手間もかかるし、ビジネスに向かない」とかなり難色を示されたという。

また「やってもいいけど、社内の開発に携わっている人間を1人も使うな」と襟川陽一 氏に言われたとのこと。そこから人材探しが始まり、テクモウェーブで手の空いている人材やかつてハードを作った際の技術チームの頼りになる人材などと協力して今日の発表に至ったという。

*なお、その頼りになる人物は襟川恵子氏曰く、天才であり、会場にも居るが引き抜かれたくないので紹介はしないとのこと。ものすごい信頼である。

さて実際の機能だが、世界初と銘打った数々の機能が盛り込まれた「VR SENSE」だが、国際的なパテントも出願中だという。
 

そして一番のウリとして説明したのが、オペレーション要員なしでの稼働だ。

VRは体験型で付き人が必要な事が多いが、この筐体では椅子に座ることで安全性の担保をしつつ、筐体の中に物を置くスペースを設置。視界が塞がっている状態でも盗難に遭うことはないという。
 





 
このVR筐体で成功したい思っているので、ぜひ皆様のご支援を賜われれば幸いですと締めくくった。
 






 
 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( PlayStationVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
3 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
4 視野角210度のVRHMD「STAR VR ONE」が日本国内で販売開始 価格は44万5千円(税抜)でエルザ ジャパンやCYBERNETが取り扱い
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
7 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
8 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
9 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど