VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ハウステンボス、日本最大のVRテーマパークを3月4日にオープン 24のコンテンツが体験可能に…VIVEやOCULUS、FOVEやIDEALENSの使用も

2017年02月10日 11時53分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ハウステンボスは、3月4日にVRコンテンツが集結した新施設「VRの館」や、心霊スポットをVRで歩く「VR心霊百物~廃病院~」、VRとメリーゴーランドが融合した世界初の新感覚アトラクション「DRAGON WORLD TOUR」など、新 VRアトラクション施設が場内各所にプレオープンすると発表した。

新施設で体験できるのは、360度全方位から迫る敵を撃退するシューティングや、イケメン男子や女子高生からの壁ドン、都会のど真ん中にそびえたつ鉄塔から宇宙へ飛び出す逆バンジーなど、計17コンテンツ。

*2月8日現在、ハウステンボスで体験できるVRは「ザ・ヴァーチャル」「VRホラーハウス」「サモナーバトル」など6施設・8コンテンツ。3/4 から 、これに「VRの館」「VR 心霊百物~廃病院~」「DRAGON WORLD TOUR」  3施設・17コンテンツが加わり、 ハウステンボス全体で  施設・24 コンテンツとなる。

現在、同施設の注目のコンテンツとして紹介されているのは、
 







などが挙げられており、他にも映画の世界観を再現し、警察官側/ロボット側を選べるシューティングゲーム「ターミネーター2 -judgment Day 3D」なども準備が進んでいるという。

場内で使用されるヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)には「Oculus cv1」「HTCVive」「FOVE」「IDEALENS」など計11種類のHMDを使用。 また「MX4D」「 SIMVR(シンバ)」といったギミックチェアも活用し、よりリアルで迫力のある体験を楽しめるという。

VRアトラクションはすべて13歳以上を推奨しており、8歳以上12歳以下は保護者の同意を必要としていること。VRコンテンツの体験にはニンジャマスクが必要となり、施設内で購入するか持ち込みを行う必要がある。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
3 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
6 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
7 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
8 【PSVR】PS4システムアップデート本日配信 VRにヘッドホン接続時、Blu-rayでバーチャルサラウンド対応…ブロードキャスト時のコメント表示なども
9 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
10 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど