VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ハウステンボス、日本最大のVRテーマパークを3月4日にオープン 24のコンテンツが体験可能に…VIVEやOCULUS、FOVEやIDEALENSの使用も

2017年02月10日 11時53分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ハウステンボスは、3月4日にVRコンテンツが集結した新施設「VRの館」や、心霊スポットをVRで歩く「VR心霊百物~廃病院~」、VRとメリーゴーランドが融合した世界初の新感覚アトラクション「DRAGON WORLD TOUR」など、新 VRアトラクション施設が場内各所にプレオープンすると発表した。

新施設で体験できるのは、360度全方位から迫る敵を撃退するシューティングや、イケメン男子や女子高生からの壁ドン、都会のど真ん中にそびえたつ鉄塔から宇宙へ飛び出す逆バンジーなど、計17コンテンツ。

*2月8日現在、ハウステンボスで体験できるVRは「ザ・ヴァーチャル」「VRホラーハウス」「サモナーバトル」など6施設・8コンテンツ。3/4 から 、これに「VRの館」「VR 心霊百物~廃病院~」「DRAGON WORLD TOUR」  3施設・17コンテンツが加わり、 ハウステンボス全体で  施設・24 コンテンツとなる。

現在、同施設の注目のコンテンツとして紹介されているのは、
 







などが挙げられており、他にも映画の世界観を再現し、警察官側/ロボット側を選べるシューティングゲーム「ターミネーター2 -judgment Day 3D」なども準備が進んでいるという。

場内で使用されるヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)には「Oculus cv1」「HTCVive」「FOVE」「IDEALENS」など計11種類のHMDを使用。 また「MX4D」「 SIMVR(シンバ)」といったギミックチェアも活用し、よりリアルで迫力のある体験を楽しめるという。

VRアトラクションはすべて13歳以上を推奨しており、8歳以上12歳以下は保護者の同意を必要としていること。VRコンテンツの体験にはニンジャマスクが必要となり、施設内で購入するか持ち込みを行う必要がある。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
2 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
3 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
4 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』の7月アップデートを配信開始 『DOA Xtreme SENSE』に「女天狗」を追加
5 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
6 【おはようVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 アンビリアルがスマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」を発表など
7 ユニットコム、豪雨と派生災害の被害者への優先対応を発表
8 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
9 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
10 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど