VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

レコチョク・ラボ、パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」の360度PVの制作で監修を担当 スイスの時計メーカー「TISSOT」とのコラボ

2017年02月17日 18時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
レコチョクの研究開発機関「レコチョク・ラボ」は、スイスの歴史あるウォッチメーカー「TISSOT(ティソ)」が、元格闘家の須藤元気氏も所属する世界的パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」とコラボレーションをした360度VR技術を用いたプロモーションビデオの制作において、監修を担当することを発表した。

今回のプロモーションビデオでは、VRの特徴である没入感と臨場感、そしてWORLD ORDERの先鋭的なパフォーマンスにより、視聴者を今までにないVRの世界へと引き込むという。

VRモードでご覧いただくと、まるでWORLD ORDERが目の前でパフォーマンスをしているかのような、臨場感を味わうことができる、とのこと。

完成した360度VRプロモーションビデオは、YouTube上の「TISSOT公式チャンネル」にて2017年4月上旬公開予定だ。

また、レコチョクが運営する音楽に特化した共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」にて、2月17日より、今回のVRプロモーションビデオ制作と連動したWORLD ORDERとのプロジェクトがスタート。

ここでは、今回の映像でWORLD ORDERの着用モデルとなる TISSOT BALLADE AUTOMATICのウォッチ、VR映像の視聴を手軽に体験できる「WORLD ORDER×TISSOTオリジナルデザインVRゴーグル」などを組み合わせた9つのプランを展開。

特に、VR撮影の様子を見学できる「VR動画撮影見学ツアー(都内、3月8日(水)開催予定)や、メンバーも出演予定の「プロモーションビデオ完成記念イベント」(都内、4月12日(水)開催予定)へ参加できる貴重な機会を提供するという。

なお、レコチョク・ラボが提供するVR再生アプリ限定で、WORLD ORDERの練習風景やVR撮影の様子をお楽しみいただけるメイキングムービーも公開予定だ。


<以下、プレスリリースより>

【WIZY:WORLD ORDERが目の前でダンス!360度VRで、今までにない視覚体験を!】
■プロジェクト期間:2017年2月17日(金)~2017年3月15日(木)23:59
※一部のアイテムは、締切日が2017年3月3日(金)となりますので、ご注意ください。
※詳細は、WIZYプロジェクトサイトをご覧ください。(https://wizy.jp/project/16/
VRゴーグルのデザインやVR映像収録内容などはWIZYの専用ページにて順次公開予定です。YouTubeアプリの利用環境(対応端末など)については、本プロジェクトのサポート前に必ずご確認ください。
 
 
【WORLD ORDERについて】
2009年に東京で結成されたダンスパフォーマンスユニット。海外から見た「勤勉な日本人ビジネスマン」のイメージをパロディにしたスタイルと、POPかつセンシティブなダンスミュージック、高い身体能力を活かしたダンスパフォーマンスとを組み合わせ、唯一無二のスタイルを構築。他に類のない独自の世界観がアジア、南北アメリカ、EU圏で幅広く支持され、熱烈なファンを擁している。
2015年よりボーカルの須藤元気はプロデューサーに専念し、洗練度をさらに高めた6人編成のダンスパフォーマンスで新境地を目指している。
http://worldorder.jp/
 
 
【TISSOT(ティソ)について】

TISSOTは1853年の創業以来“Innovators by Tradition”(伝統に根ざし、伝統を打ち破るイノベーター)として、革新のパイオニアであり続けるスイスのウォッチメーカーです。スイスウォッチの伝統と品質を守りながらも、特別な素材、先進的なテクノロジー、高い機能性と美しいデザインを誇る最高品質のウォッチを提供しています。

1930年に世界初の耐磁性ウォッチ TISSOT ANTI MAGNETIQUE[ティソ アンチマグネティーク]を完成させた歴史を背景に、新作TISSOT BALLADE AUTOMATIC [ティソ バラード オートマティック]では、特別な技術を駆使した高性能ムーブメントを世に送り出します。
www.tissotwatches.com
 

【レコチョク・ラボについて】

株式会社レコチョクの次世代のサービスや音楽マーケット創造に向けた研究開発機関。 東京と米・西海岸に拠点を置き、次代の音楽マーケット創造に貢献すべく、また、海外の先進ビジネスモデルの調査・分析を行うとともに、異業種及び教育機関等とパートナーシップを組みながら、VRコンテンツ制作やビッグデータ解析などを行っています。
http://recolab.jp/
 

【WIZY(ウィジー)について】
WIZYは、アーティストが実現したい、メッセージ性やクリエイティブ性の高い企画を、そのアイデアに共感・サポートしたファンと共にカタチにする、音楽分野に特化した共創・体験型プラットフォームです。アーティストとファンの“想い”をつなぎ、その実現をサポートしていきます。WIZYという名称は「With You」をもとにした造語です。
株式会社レコチョクがプラットフォームを提供、潜在的なアーティストファンへのアプローチや、アーティストとの結びつきをさらに深められるような感動体験の創出をお手伝いいたします。
https://wizy.jp/
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
6 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
7 『VR ZONE Portal』神戸の料金体系とアクティビティが決定 料金はひとり1回1000円に
8 【インタビュー】VR×女性向けコンテンツの相性とは いち早く同ジャンルのVR開発に取り組んだエイタロウソフトの挑戦
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど