GREEに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

グリーとVRコンソーシアム、日経BPとJapan VR Summitの共同開催を決定 第1弾は名古屋で5月に開催

2017年03月01日 13時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



グリーとVRコンソーシアムは、本日(3月1日)、日経BPとJapan VR Summit(以下、JVRS)の共同開催を決定したと発表した。

第1弾として JVRS初の地域開催となる「Japan VR Summit Nagoya 2017」(以下、「JVRS Nagoya」)を5月30日、31日の2日に渡って実施する。30日は有料セッション、31日は同会場で開催される「Cloud Days 名古屋 2017」にて無料のスポンサーセッションを行う。

また、デモブース展示も2日間実施するという。

JVRSは、日本国内のVR市場活性化を目的に、グリーとVRCが共同で主催する日本最大級のVRカンファレンスで、これまでに2016年5月、11月の2回開催を行っている。

今後は、数々の大型イベントの開催実績と多様な媒体を持つ日経BPと共同開催することにより、エンターテインメント分野に留まらず、さまざまな業種における日本のVR産業の発展を、さらに加速させることを目指します。

今回のJVRS Nagoyaは、セッション内容もこれまでのエンターテインメント中心から、ものづくりへのVR活用を新たなテーマに加える。なお、「Japan VR Summit 3」は、10月11日~13日に開催するIT関連の展示会「ITpro EXPO 2017」(主催:日経BP/開催場所:東京ビッグサイト)と同時開催を予定している。

今後もJVRSは半年に一度の頻度で開催する予定で、春はCloud Days開催都市のいずれか一都市、秋はITpro EXPOと同時開催する予定だ、と説明している。

【関連記事】

2020年のVRはゲームを飛び出し生活の一部に トッププレイヤーたちがVRの現状、未来へのビジョンを語りつくす【JVRS2】

中国は世界最大のVR市場に成長するのか? 現地の最前線に立つ有識者が熱狂と課題を語る【JVRS2】

VRアトラクションの今と未来を切り拓く、「Japan VR Summit2」セッションレポ【JVRS2】

様々な産業で具体的な展開を見せるVR・ARを、業界の第一人者達が分かりやすく解説【JVRS2】


■「Japan VR Summit Nagoya 2017」詳細

日時:2017年5月30日(火)、31日(水)

※同時開催する「Cloud Days 名古屋 2017」にてスポンサーセッションとデモブース展示を実施
・有料セッション:5月30日(火)9:00開場 10:00開始(19:30終了予定)
・スポンサーセッション:5月31日(水)
・デモブース展示:5月30日(火)、31日(水)


会場:
名古屋国際会議場(名古屋)

主催:
グリー株式会社、一般社団法人VRコンソーシアム

共催:
株式会社日経BP

運営:
Japan VR Summit事務局

概要:
VR市場におけるキープレイヤーによるセッションの他、協賛および招待企業によるデモ展示を実施

登壇者:決定次第公式サイト上で発表

公式サイト:
http://jvrs.org/

Facebook公式アカウント:
http://www.facebook.com/JapanVRSummit

お問い合わせ先:

・協賛スポンサーに関するお問い合わせ
メール: JVRS@nikkeibp.co.jp
電話: 03‐6811‐8083

・メディアパートナーに関するお問い合わせ
jp-pr@gree.net

・イベントに関するお問い合わせ
http://expo.nikkeibp.co.jp/itpexpo/form/


■「Japan VR Summit」とは

「VR元年」と呼ばれた2016年より、グリーとVRCが共同で主催している日本最大級のVRカンファレンス。

ハードウェアとソフトウェアを含めたVR/AR市場は、2016年は39億ドルとなり(※1)、2017年には70億ドル、2020年までには300億ドルにまで成長すると予測されている(※2)。JVRSは国内VR市場の更なる活性を目的として開催をしている。

VR市場を牽引するキーマンを国内外から招き、VR市場の最先端の情報を伝えるとともに、VRに関心のある幅広い業種・業態の方々(経営者、開発責任者等)にビジネス・ネットワーキングの場を提供する。また、最新のVR体験ブースや関連展示なども行っている。

これまでのJVRSでは、VRのプラットフォーマーであるHTC、Oculus、Sony、Googleの事業責任者や、北米同様にVR市場の盛り上がりを見せる中国におけるVR先進企業のVPクラスが登壇。参加者も約550名に上り、VR市場への期待と盛り上がりを伺えるカンファレンスとなっている。
 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( GREEVRコンソーシアム

ピックアップ

記事ランキング

1 新会社バンダイナムコアミューズメントラボが10月に設立 VRや最新アーケードなどリアルエンタメ機器専門の開発集団
2 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
3 『VR ZONE OSAKA』の設置アクティビティ発表 新作「ゴジラ」や「ドラクエ」など…チケット予約は8月23日から開始へ
4 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
5 IVR、無料のVtuber支援サービス「Vカツ」を発表 様々なパーツを組み合わせて自分だけのアバター作成へ
6 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
7 ユニットコム、 GTX1070とCore i7 8750H搭載のフルHDノートPCを197,618円(税込)で販売開始
8 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
9 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
10 SIE、『Marvel’s Spider-Man』仕様のPS4 Proを9月7日に数量限定販売へ ゲームディスクやシーズンパスも付属で46,980円(税抜)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど