ワン・トゥー・テン・ドライブに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ワン・トゥー・テン・ドライブ、「3Dトラッカー」の開発体制を立ち上げを発表 CTO森岡氏は SteamVR Tracking Training を修了

2017年03月03日 10時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ワン・トゥー・テン・ホールディングス(以下、ワントゥーテン)のグループ企業である、ワン・トゥー・テン・ドライブ(以下 1→10drive)は、様々な形状に対応する「3D トラッカー」(センサーにより空間を認識し、位置関係を3Dでトラッキングするデバイス)の開発体制を立ち上げたと発表した。

これにより、VR体験をよりリッチにするVR用コントローラーをはじめ、さまざまな IoT への活用が可能となるという。1→10drive は、3D トラッカーの開発、生産だけでなく、それを利用する体験全体の企画から立案できる体制が整っている、と説明している。
 

また3Dトラッカーの応用例として、VR空間での戦闘体験用の剣型や銃型のコントローラーや、飛行を精緻に制御可能な室内用小型ドローン、所作で家電をコントロールできるスティック型 IoT リモコン、撮影位置や角度を自動把握することで、VR 体験者と CG 空間とを自動合成できるカメラデバイス、照射対象の形状に自動的に映像を合わせることが可能なムービング・プロジェクションマッピング・システムなどを挙げている。


■テクノロジーについて

本件は、HTC    Vive などで使用されている、3 次元の物体を VR 空間で認識する「Lighthouse」という技術のパートナーシッププログラムをベースとしております。1→10drive CTO の森岡が、シアトル Synapse 社で開催された対面研修プログラム『SteamVR    
Tracking    Training』を修了した上で、上記テクノロジーを活用している。

また、当社プロダクトデザインチームとエンジニアチームの連携により、案件に最適な形状の回路設計とプロダクトデザインが可能。


■1→10drive CTO 森岡氏のコメント

HTC    VIVE のトラッキングシステム『Lighthouse』はコストの低さと精度の高さから、様々な用途へ広がっていこうとしています。ただし、そのためにはトラッキングデバイスであるコントローラが汎用のゲーム機として特化した形状・機能になっていることが障害になっています。

そこでシアトルにて講習を受講し、より実践的なノウハウを獲得し、オリジナル筐体のトラッキングデバイスを開発できるよう体制を整えました。今後は、アミューズメント用途のオリジナルトラッキングデバイスや AR用途の開発環境など、Lighthouse を利用したオリジナルデバイスの開発を予定しております。

プロフィール:
1→10drive,    Inc.CTO 兼 Technical    Director。工学修士。
東京工芸大学に大学院にてヒトの視覚についての研究を行う。
2009 年単位取得退学。
2009 年よりニューリー株式会社にて 3D スキャナ及び画像認識装置の研究開発を行う。
2014 年 4 月より 1→10design,    Inc.に参加。
2015 年 10 月、1→10drive 立ち上げに伴い移籍。
    
■1→10drive について

2015 年設立。「Brand    Prototyping    Company」を理念に掲げ、モノやサービスにおけるプロトタイプ開発から商品化までを手掛けている。現状は AI と IoT を事業領域の軸にしつつ、新たなテクノロジーは積極的に取り入れる体制で開発
にあたっている。

開発においては、企業と協調し、ブランド価値を根本からつくり込んだプロトタイプを開発し、次世代に残る商品ブランド/サービスブランドとなることを常に目指している。

Web サイト:http://www.1-10.com/drive/
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『エベレストVR』開発のSólfar、新作ローグライトシューター『In Death』を11月27日にリリース
2 【おはようVR】THE GAME AWARDS 2018ノミネート作品発表 LATEGRA、『VIRTUAL LIVE ARENA』をVR空間に建設など
3 輝夜月さんとイラストレーターMika Pikazo氏所属のクリエイティブスタジオ「THE MOON STUDIO」が発足 Vtuberも募集
4 テンアップ、ワイヤレスゲートなどを引受先とする第三者割当増資で1億円の資金調達 VRやIoTを利用した多様な教育機会の提供へ
5 アカツキライブエンターテインメント、横浜駅直通の複合型体験エンタメ施設「アソビル」を2019年初春にオープン 脱出ゲームやVRなども展開
6 クラスター、視聴者参加型クイズ大会「初代ポンコツ女王決定戦?!ガチンコクイズBATTLE in cluster」を12月2日に開催 「ロボ子さん」と「白上フブキ」のVtuber2名が出演
7 クローバーラボと日本一ソフト、『魔界ウォーズ』で『魔女と百騎兵』とのコラボガチャを開始 期間中1日1回無料に
8 LATEGRA、『VIRTUAL LIVE ARENA』をバーチャル空間に建設 VRライブを公演へ
9 【おはようVR】シューターとMOBAを組み合わせたACT『MEGALITH 』ベータ版がPSVRでリリース カヤックが大晦日にVTuberによる歌合戦イベント開催など
10 【PSVR】ヒットポイント、『ねこあつめ VR』を5月31日に発売予定 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど