ワコムに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ワコムとWHITE、「デジタルインク」を3次元で表現するコンセプトモデルを展示 手描きの「インク」をVR空間へ

2017年03月06日 13時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ワコム<6727>は、普通紙に手描き入力した文字や絵などを「デジタルインク」に変換して、さらにVR空間で3次元のインクとして表現するコンセプトモデルを、WHITEと共同開発したと発表した。

簡易な組み立て式のスマホ装着型VRゴーグル「MilboxTouch」(みるボックスタッチ)に投影して楽しむコンセプトモデルとして、米・オースティンにて開催される「South x Southwest」で展示。

今回の展示では、来場者がワコムのペンタブレット「Intuos Pro Paper Edition」を使って描いた図形をデジタルインクに変換し、「MilboxTouch」VR画面上に3次元画像として投影する。
 

惑星をモチーフにしたVR空間にインクを映し、視点を変えながら様々な角度から眺めることができます。例えば、ズームアウトして宇宙空間から人工衛星の視点で見ると、インクはボールに巻かれたカラーテープのように見えます。また、ズームインして視点を惑星の地上へ移動すると、今度は同じインクを上空に浮かぶ飛行機雲のように見上げることができる。

作成したVR画像はChrome Browserベースのため、来場者はその場で発行するQRコードを持ち帰り、自分のスマートフォンで再生。また、本展示用に簡易な組み立て式のスマホ装着型VRゴーグル「MilboxTouch」を用意したという。

VR空間に絵を描くのは、高価な専用機器を使ってユーザーを中心とした周囲の仮想空間にインクを塗るものが主流。本展示では身近にあるペンを使って、手近な場所から遠く離れた空間まで、巨大な物体から小物まで、制約なく描いて表現できる。

また、立体感を出すための「奥行」のデータを、筆圧の強弱によって取得しているのも特徴だという。

本展示において、WHITEはデモンストレーション全体の企画プロデュースおよび、ストロークデータをVRで可視化するウェブアプリケーションを開発した。

また、来場者が作成した画像を持ち帰ってスマホで再生できるウェブシステムも開発。なお、データインプットのアプリケーションについては、京都市に本社を構えるワン・トゥー・テン・ドライブ(1→10drive)が開発したアプリをベースにカスタマイズしたものを使用しているとのこと。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
4 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
5 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
6 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
7 【おはようVR】PSVRでは『FarPoint』のPVが公開 『Google Earth VR』がoculusでリリース、Steam版もアップデート
8 360Channel、TGS2017で中止になった伝説の「ぎゃる☆がん2」イベントをVR動画で公開 
9 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど