VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

東急リバブル、複数の賃貸物件を店頭でVR内見できるシステムを導入 ナーブのVR接客端末を使用

2017年03月06日 17時50分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
東急リバブルは、本日(3月6日)、賃貸物件を探すサービスとして、VR内見システムを3月10日から賃貸仲介の一部店舗に導入すると発表した。

内見が欠かせない物件探しにおいて、複数物件の内見には時間も労力も必要となる。また借主の転勤や入学等の事情から、物件選定の期間に余裕が無いケースも多いのが現状だ。こうした家探しを、より効率的に行えるサービスとして導入を行う。

VR内見システムは、自身の動きに連動し、室内を移動しながら周囲全方向の空間をリアルに閲覧できる。また店頭で複数物件をVR内見して選別し、現地内見をする物件を絞り込むことで、家探しに費やす時間の短縮にも繋がる。

今後は現在の内容に加えて、物件によって昼と夜の室内画像を用意することや、物件紹介図面に添付されたQRコードを読み込むことで、いつでもモバイル端末で、室内のパノラマ画像を閲覧することも可能にする予定だ。

初回導入店舗は青葉台センター、三軒茶屋センター、横浜センターで、順次拡大を予定している。

なお、VR内見システムは、ナーブの端末を使用する。同端末は、接客前の店舗カウンター据え置き時にはデジタルサイネージとして映像を表示しつつ、画面部分を裏返すことで誰でも簡単にVR端末として使える仕組みになっている。
 


 

 

【関連記事】
ナーブ、VRによる接客端末『CREWL』の量産を開始 デジタルサイネージとしても使用可能な独自設計のHMD
 

東急リバブル

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 新会社バンダイナムコアミューズメントラボが10月に設立 VRや最新アーケードなどリアルエンタメ機器専門の開発集団
2 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
3 『VR ZONE OSAKA』の設置アクティビティ発表 新作「ゴジラ」や「ドラクエ」など…チケット予約は8月23日から開始へ
4 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
5 IVR、無料のVtuber支援サービス「Vカツ」を発表 様々なパーツを組み合わせて自分だけのアバター作成へ
6 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
7 ユニットコム、 GTX1070とCore i7 8750H搭載のフルHDノートPCを197,618円(税込)で販売開始
8 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
9 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
10 SIE、『Marvel’s Spider-Man』仕様のPS4 Proを9月7日に数量限定販売へ ゲームディスクやシーズンパスも付属で46,980円(税抜)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど