レコチョクに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

レコチョク、NHK、WVTL、HMDを使用しない世界初の8KモーションライドをSXSW2017に共同出展 サザンが楽曲提供

2017年03月07日 14時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



NHKエンタープライズ(以下、NEP)、NHKメディアテクノロジー(以下、MT)、レコチョク・ラボ(以下、RCL)、WONDER VISION TECHNO LABORATORY(以下、WVTL)は、世界最大のクリエイティブビジネスの見本市「SXSW 2017(サウス・バイ・サウスウエスト2017)」に共同出展すると発表した。

3月12日〜15日の4日間、オースティン・コンベンション・センターで開催される、先端技術・サービスのショーケース「トレードショー」に、“8K+ドーム型ワイドスクリーン+モーションライド+5.1ch”による、世界初の「8K:VRライド」を展開する。

同コンテンツは8Kによる実写とCGを組み合わせた映像で、東京をテーマに過去から現在、2020年に向かう様子を時空移動するという内容。

またその映像は、日本を代表するバンド、サザンオールスターズの楽曲「東京VICTORY」が盛り上げ、ドーム型ワイドスクリーンとモーションライドで体感し、ヘッドマウントディスプレイを使わずに“TOKYOバーチャル体験”を実現する。
 
SXSWは、毎年3月にテキサス州オースティンで開催され、世界中からメディア業界のプロフェッショナルとクリエイターが集まる、世界最大のクリエイティブビジネスの見本市。1987年に音楽部門からスタートし、いまでは映画、インタラクティブに分野を広げ、毎年規模を拡大している。
 

■「8K:VR Ride featuring “Tokyo Victory”」 出展概要
 

SXSW 2017(サウス・バイ・サウスウエスト2017):Trade Show
日時:2017年3月12日(日)〜15日(水)10:00〜18:00 ※ 最終日のみ14:00迄
会場:Austin Convention Center, Exhibit Hall 3
※SXSW 2017の会期は、3月10日(金)〜19日(日) ※ バッジ登録者のみ入場可能
 
8K:VR公式HP:http://8KVR.net

 
■8K:VRシリーズの第二章、「8K:VRライド」

「8K:VR」は、NEPとMTが共同開発したコンセプト。NEPとMTは、NHKが開発した次世代テレビ放送規格「8Kスーパーハイビジョン」に3D映像技術を組み合わせ、「8K+3D+22.2ch」による、世界初の8K:VR作品を共同制作した。

リアルな3D映像、迫力の360°音響、レーザー照明演出を融合し、斬新なエンターテイメント体験をデザイン。同作品は、2016年3月、SXSW 2016に「8K:VRシアター」というコンセプトで出展され、“ヘッドマウントディスプレイを使わないVR体験”として注目を集めた。

また、「2016年度グッドデザイン賞」「Innovative Technologies2016選考委員特別賞」「ルミエール・ジャパン・アワード2016 3D部門グランプリ」を受賞した。
 
今回、NEPとMTは「8K:VR」の進化版として、新たなコンセプト「8K:VRライド」を企画した。これは、「8K+ドーム型ワイドスクリーン+モーションライド+5.1ch」により、「8K:VR シアター」と同じく、ヘッドマウントディスプレイを使わずにVR体験を実現するもの。

この構想に、2016年より追体験が可能な本格的ライブVRコンテンツの撮影・制作、VR次世代技術を駆使した立体的な360度映像制作などVRコンテンツの研究開発を行なっているRCLも、新しい音楽体験コンテンツとして関心を持ち、プロジェクトに参加。

「8K:VRライド」の基盤となる映像システム・Sphere 5.2を開発するWVTLとの4社でコンテンツを共同開発した。WVTLが開発したSphere 5.2は、幅5.2m、高さ3.4m、奥行き2.6mのドーム型ワイドスクリーンに、4Kまたは8Kの映像をプロジェクション投射できる映像システム。

このシステムに8K対応プロジェクターと、電動6軸モーションベースを組み合わせ、世界初の8K映像によるモーションライドを実現した。

 
■サザンオールスターズ「東京VICTORY」の起用に関して

「8K:VRライド」のコンテンツ企画にあたって、身体性を伴った体験演出、そして、2020年に向けた国際的な話題性の高さから、「TOKYOバーチャル体験」という発想とともに、そのシンボルとして、東京オリンピック開催決定をきっかけに、過去から現在、そして未来へと移りゆく東京の姿に思いを馳せた楽曲であるサザンオールスターズの「東京VICTORY」を起用するというアイディアが浮上した。

このアイディアをサザンオールスターズサイドに打診したところ、楽曲使用について快諾を得ることができた。この楽曲に乗って、過去から現在、2020年の東京を時空移動しながら、8Kによる実写とCGを組み合わせた映像をドーム型ワイドスクリーンとモーションライドで体感するというVR体験を目指している。
 

■サザンオールスターズ profile

1978年6月25日にシングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。シャレた詞と桑田佳祐の独特なボーカルで日本の音楽に革新をもたらす。その後、歴史的な名曲となる3rdシングル「いとしのエリー」が1979年に大ヒットしたことをきっかけに、名実ともに日本を代表するロックグループとして高い評価を受ける。2015年3月には約10年振り通算15枚目となるアルバム「葡萄」を発表。「東京VICTORY」も収録されたこの作品は、チャート1位を獲得し大ヒット。そして、全11ヶ所23公演開催したライブツアーでは全国約50万人を動員し日本中を熱狂させた。

デビュー以来、約40年もの間、時代とともに常に新たなアプローチで音楽界をリードし、日本のポピュラーミュージックを語るには欠かすことが出来ない、国民的ロックバンド。

http://www.sas-fan.net/
 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『エベレストVR』開発のSólfar、新作ローグライトシューター『In Death』を11月27日にリリース
2 【おはようVR】THE GAME AWARDS 2018ノミネート作品発表 LATEGRA、『VIRTUAL LIVE ARENA』をVR空間に建設など
3 輝夜月さんとイラストレーターMika Pikazo氏所属のクリエイティブスタジオ「THE MOON STUDIO」が発足 Vtuberも募集
4 テンアップ、ワイヤレスゲートなどを引受先とする第三者割当増資で1億円の資金調達 VRやIoTを利用した多様な教育機会の提供へ
5 アカツキライブエンターテインメント、横浜駅直通の複合型体験エンタメ施設「アソビル」を2019年初春にオープン 脱出ゲームやVRなども展開
6 クラスター、視聴者参加型クイズ大会「初代ポンコツ女王決定戦?!ガチンコクイズBATTLE in cluster」を12月2日に開催 「ロボ子さん」と「白上フブキ」のVtuber2名が出演
7 クローバーラボと日本一ソフト、『魔界ウォーズ』で『魔女と百騎兵』とのコラボガチャを開始 期間中1日1回無料に
8 LATEGRA、『VIRTUAL LIVE ARENA』をバーチャル空間に建設 VRライブを公演へ
9 【おはようVR】シューターとMOBAを組み合わせたACT『MEGALITH 』ベータ版がPSVRでリリース カヤックが大晦日にVTuberによる歌合戦イベント開催など
10 【PSVR】ヒットポイント、『ねこあつめ VR』を5月31日に発売予定 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど