Fastigium: Dead End、ifgames studio、Vive、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【Steam】中国ifgames studio、VRゾンビFPS『Fastigium: Dead End』をリリース 走るゾンビや特殊なエネミーも

2017年04月05日 13時50分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



中国のifgames studioは、ゾンビVR FPS『Fastigium: Dead End』をSteamにてリリースを行った。価格は498円。

同タイトルは、FPSタイプのゾンビシューティングで、両手持ちの銃と刀を武器に走って向かってくるゾンビを撃退していくという内容だ。移動方法としては、ポイント指定して行動するのだが、動作自体はワープではなく指定した位置に向かっていくというものだ。

移動速度自体は遅めではあるため、比較的酔いにくい状態のプレイが可能だろう。また通常時は両手持ちの銃での攻撃となるが、Viveコントローラーのグリップボタンを押しっぱなしにすることで、刀に切り替わる。ボタンを押したままでコントローラーを振ることで斬撃が可能だ。

この操作方法は刀への切り替えと攻撃が一瞬のために、非常にスピーディな攻撃が可能だ。ふいに懐に入られたときの近接戦時の攻撃への切り替えでもたつくケースが減っているため、攻撃時での爽快感は高い。

ゾンビの挙動に関しては「LEFT 4 DEAD」に近く、走るゾンビや、群れでいるケース、特殊なタイプなども存在している。
 

 

本作は日本語には対応していないが、操作は非常に簡単であるため特に不自由なくプレイが可能だろう。価格の安さもさることながら、この手のゲームのファンにはオススメしやすいゲームだ。
 

Steam

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Fastigium: Dead Endifgames studioSteam

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
2 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
3 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
4 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』の7月アップデートを配信開始 『DOA Xtreme SENSE』に「女天狗」を追加
5 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
6 【おはようVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 アンビリアルがスマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」を発表など
7 ユニットコム、豪雨と派生災害の被害者への優先対応を発表
8 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
9 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
10 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど