モノビットに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

元スクエニの山岸功典氏がモノビットVRゲーム事業部長に就任 VRを使ったMMORPGを開発

2017年04月04日 11時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


モノビットは、4月3日付にて、「スターオーシャンシリーズ」や「ヴァルキリープロファイルシリーズ」等を生み出した山岸 功典氏がVRゲーム事業部部長に就任し、日本初のVR-MMORPG制作を目指し、社内にてVRゲーム事業部を組成したと発表した。


■山岸 功典氏の就任のメッセージ

長年に渡って、スクウェエア・エニックスでスターオーシャンシリーズ、ヴァルキリープロファイルシリーズ等、RPGタイトルのプロデューサーを務めてきましたが、この度モノビット社において、VRによるRPGコンテンツを制作させていただくこととなりました。

VRはまだ動き出したばかりのジャンルですが、今後確実に伸びていくジャンルであり、あらゆる可能性を秘めていると考えております。

そんな中でも、RPGというジャンルはゲームの花形であり、限りなく面白いエンターテインメントを提供できるゲームジャンルであると確信しており、今まで得てきたゲーム制作のノウハウを活かし、最高のVR-MMORPGコンテンツを制作して参りたいと考えております。

そして更には、VR制作ノウハウを活かした、全く新しいVRコンテンツも制作していきたいと考えておりますので、どうぞご期待ください。


■「VRクラウド」の開発について 

株式会社モノビットのミドルウェア事業部では、『モノビットエンジン』というリアルタイム通信エンジンを開発、販売しており、ネットワークゲームの基幹技術について高いノウハウを持っています。その最先端のネットワークテクノロジーとCTOの中嶋 謙互により、「VRクラウド」の開発を行い、VR内で世界中の人々が集えるVRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を提供いたします。


■株式会社モノビットについて

株式会社モノビット(代表取締役社長:本城嘉太郎)は、ゲームとネットワークのテクノロジーをベースに、あらゆるエンターテインメントコンテンツ制作を行っている、エンターテインメントテクノロジーベンチャーです。自社開発のリアルタイム通信エンジンをミドルウェアとして販売している。

そして、近年、注目を浴びているVR/AR市場に本格参入も果たし、VR/AR対応ゲーム、360°動画をはじめとしたVR/ARコンテンツの企画・制作を行うほか、VR/AR事業各社と協力し、VR/ARに関わるビジネスプラン構築までプロデュースをおこなうなど、VR/AR事業を幅広く展開している。



SocialVRinfo最新情報こちらから
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モノビット

ピックアップ

記事ランキング

1 【年始インタビュー】ポケラボ創設者が作った家族向けVR施設『リトルプラネット』 未経験から施設運営を初めた新会社「プレースホルダ」に迫る
2 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
3 【PSVR】『シアタールームVR』で『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』など、シリーズ計10タイトルの有料・無料配信を開始
4 ディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のVRが登場 米国の4D VRアトラクション「The Void」にて
5 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
6 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
7 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
8 カプコン、VRとARを使った体験型アトラクション『オバケハンター』を「プラサカプコン」に導入 イオンモール富津店にて
9 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
10 【PSVR】『絶体絶命都市4』が10月25日に発売 『防災マニュアル』も無料公開へ…シナリオでは災害時の"デマ"に関した内容も
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど