HTC、Viveportに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

HTC、4月5日に一周年を迎えるVIVEの10,000円引きを実施 アプリ定額サービスも開始

2017年04月04日 13時41分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



HTCは、同社のVRデバイス であるVIVEが、4月5日にグローバルでの一般発売1周年の感謝から、1日限りVive StudioによるVRアクションゲーム「アーケードサガ」を無料ダウンロードと、VIVEの購入を1万円引きで行う事を発表した。

さらに、同日ViveportでのSubscription(月額課金)サービスを開始し、VRのアプリ配信プラットフォームとしては世界初の固定料金制度を導入する。

このサービスによって、VIVEを利用中のユーザーは、コンテンツ数が拡大し続けるVRアプリ配信プラットフォーム上で、新しいコンテンツを定額月額料金で楽しむことができる。ViveportのSubscription(月額課金)サービスは、すべての新規のお客様に対して1か月の無料トライアルを提供する。
 

■感謝デー実施期間はオンラインストア(VIVEオフィシャルストア、正規販売店WEBストア)

2017年4月5日(水)0時00分 ~ 2017年4月5日(水)23時59分迄
オフラインストア(正規販売店)2017年4月5日(水)開店時 ~ 2017年4月5日(水)閉店時迄

 
■ViveportのSubscription(月額課金)サービスについて

最初のVive dayとなる4月5日はViveportのSubscription(月額課金)サービスの開始日でもある。

同サービスはViveport上にある数百のアプリケーションに対する新しい探索方法を提供する。ViveportのSubscription(月額課金)サービスでは、月額800円で毎月5タイトルをお勧めタイトルリストの中から選択することができる。
その後は同じタイトルを遊び続ける事も、翌月に別のタイトルを選択しなおす事も可能だ。

また、Subscription(月額課金)の対象タイトルは別途購入可能なため、購入する前にSubscription(月額課金)サービスで試遊するという使い方もできる。

コンテンツ開発者にとっては、ViveportのSubscription(月額課金)サービスはより多くのお客様にリーチし、売り上げを拡大するチャンスとなる。ViveportのSubscription(月額課金)サービスはTheBlu, Richie’s Plank Experience, Everest VR, Fantastic Contraption, Mars Odysseyなどの50タイトル以上で開始され、VIVEを利用中のユーザーがwww.viveport.comで利用登録を行うと、1か月トライアルを開始することができる。
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ViveportHTC

ピックアップ

記事ランキング

1 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
2 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
3 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
4 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
5 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
6 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
7 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
8 Beijing Pico Technolog、スマホを装着するタイプのVRHMD「Pico 1」の販売開始
9 AR最前線…『ポケモンGO』池袋はポケモン発生地の宝庫 名所として知られる池袋西口公園&サンシャインシティを巡る
10 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど