VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

One Technology、VR・ARアプリをベトナム、ホーチミンで開発、増床移転でVR・ARエンジニアを増強へ

2017年04月30日 11時28分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ベトナムオフショア開発のOne Technology Japan(東京、川崎)とOne Technology Corporation(ベトナム、ホーチミン)は、VR・AR受注拡大のためホーチミンオフィスを増床移転を発表した。

新ホーチミンオフィスには、VR開発のためのVRROOMも設置も行っている。また、2017年夏には、日本、ベトナム市場に向けてVR自社サービスの展開の準備を進めているという。

<以下、プレスリリースより>

ベトナムオフショア開発及びサービスの展開を行う株式会社One Technology Japan(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:河本直己)とOne Technology Corporation(本社:ベトナム、ホーチミン市、代表取締役社長:グエン・ラム・タオ)は、業容拡大のためホーチミン事務所を移転増床いたしました。新オフィスの場所はタンソンニャット国際空港から車で5分ほどの立地で日本からのアクセスも非常に便利です。

昨年より日本企業からのVR(バーチャルリアリティ)とAR(拡張現実)関連の受注が急速に伸び、現在35名のエンジニアのうち20名がVR、AR関連のアプリ制作を行っています。新オフィスにはHTC VIVEなどのVR機器を備えた「VR ROOM」を新設しエンジニアが開発しやすい環境を整えました。

今後もVR、ARはエンターテインメントだけではなく、教育、観光、医療、建設、建築、宿泊施設など様々な分野で需要がさらに見込まれます。

弊社もVR、AR関連の開発に一層の力を入れUNITYエンジニアを中心としたVR、ARエンジニアを現在の20名から50名にし開発体制をさらに強化いたします。

同時に非常に問い合わせの多い3DCG、3DCADなどの制作体制も立ち上げます。また、2017年夏には、日本国内、ベトナム国内向けのB2BのVR自社サービスを展開するべくVRの新プロダクトを鋭意制作中です。

 

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】Disruptive Games、シューターとMOBAを組み合わせたACT『MEGALITH 』ベータ版を北米で配信開始
2 カヤック、大晦日にVTuberによる歌合戦イベント「Count0」を開催 キズナアイさんやユニティちゃんらが登場
3 あの映画「シャークネード」のVR ACTゲームがSteamで配信開始 12月にはPSVR版もリリース予定
4 MARUI-PlugIn、3Dデザインソフト「Blender」のVR/ARインターフェースの開発を開始
5 【おはようVR】「シャークネード」のVR ACTゲームが配信 「TYFFONIUM SHIBUYA」が11月23日にオープンなど
6 ハコスコ、Insta360 Proシリーズの体験説明会をリニューアル 参加費用の大幅に値下げも
7 プレイステーション 4 Pro グレイシャーホワイトが9月6日より発売
8 【PSVR】ヒットポイント、『ねこあつめ VR』を5月31日に発売予定 
9 東急レクリエーションとティフォン、体験型VRテーマパーク「TYFFONIUM SHIBUYA」を11月23日にオープン 
10 【おはようVR】『Smashbox Arena』のBigBoxVRがVRバトルロワイヤルを開発中 『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』の発売記念イベントが11月22日になど
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど