ポケカレAR、ボルテージに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ボルテージ、改革への取り組みとしてVRやARコンテンツに注力 『椅子ドンVR』をアーケード向け展開 『ポケカレAR』はF2Pモデル化を実施

2017年05月10日 09時24分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ボルテージ<3639>は、5月9日、2017年6月期の第3四半期決算の説明資料を公開した。今回はその中から同社が進めているVR関連事業の取り組みを取り上げたい。

同社は、従来の「カジュアル」向けのみから「カジュアル」+「カジュアルコア/コア」向けに戦略を転換するなど改革を進めているが、その中の1つの取り組みとしてVRやARなどへのコンテンツ供給にも注力している。

足元は、『椅子ドンVR』を日本最大級の常設型VRエンタテインメント施設である越谷市の「イオンレイクタウン VR Center」で展開するなど、アーケード向けの取り組みも進めている。

また、同施設では、他社VRゲームへのIP展開も行っており、PDトウキョウ社の『サークルオブセイバーズ』やしのびや.com社の『SIMVRHYTHM』にも同社ゲームのキャラクターや映像、音楽などが登場している。
 

【関連記事】
ボルテージ、『椅子ドンVR』コラボイベントをVRセンターで開催 サークルオブセイバーズで一ノ宮英介登場…SIMVRでの体験も

一方、ARについては、『ポケカレAR』に4月10日より新キャラクターを追加し、F2Pモデル化を実施。今後も、随時キャラクターを追加していくとしている。


 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ボルテージボルテージ VR椅子ドンVR ~一ノ宮英介編~

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェットマン、足裏センサー「FootNavi」 試作版を VR技術と連携 TGS2018の宝塚大学ブースでデモ展示へ
2 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
3 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
4 マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 
5 JETMAN、Oculus Go 向け VR Ride Music Video『クーロンズゲート VR suzaku』をTGS2018で先行展示へ 宝塚大学 東京メディア芸術学部ブースにて
6 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
7 セガ エンタテインメント、ホラーVRアトラクション『タブー』を「SEGA VR AREA AKIHABARA」で稼働
8 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
9 【おはようVR】『狼と香辛料VR』のクラウドファンディングを11月開始 Viva GamesがTGS2018でホラー ADV VRゲーム「Kill X」を出展予定など
10 KDDIとWright Flyer Live Entertainment、VTuber事業で5G時代を見据え協業
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど