椅子ドンVR ~一ノ宮英介編~、ボルテージ VRに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ボルテージ、改革への取り組みとしてVRやARコンテンツに注力 『椅子ドンVR』をアーケード向け展開 『ポケカレAR』はF2Pモデル化を実施

2017年05月10日 09時24分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ボルテージ<3639>は、5月9日、2017年6月期の第3四半期決算の説明資料を公開した。今回はその中から同社が進めているVR関連事業の取り組みを取り上げたい。

同社は、従来の「カジュアル」向けのみから「カジュアル」+「カジュアルコア/コア」向けに戦略を転換するなど改革を進めているが、その中の1つの取り組みとしてVRやARなどへのコンテンツ供給にも注力している。

足元は、『椅子ドンVR』を日本最大級の常設型VRエンタテインメント施設である越谷市の「イオンレイクタウン VR Center」で展開するなど、アーケード向けの取り組みも進めている。

また、同施設では、他社VRゲームへのIP展開も行っており、PDトウキョウ社の『サークルオブセイバーズ』やしのびや.com社の『SIMVRHYTHM』にも同社ゲームのキャラクターや映像、音楽などが登場している。
 

【関連記事】
ボルテージ、『椅子ドンVR』コラボイベントをVRセンターで開催 サークルオブセイバーズで一ノ宮英介登場…SIMVRでの体験も

一方、ARについては、『ポケカレAR』に4月10日より新キャラクターを追加し、F2Pモデル化を実施。今後も、随時キャラクターを追加していくとしている。


 




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 椅子ドンVR ~一ノ宮英介編~ボルテージ VRボルテージ

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
4 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
5 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
6 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
7 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
8 Mozilla、ブラウザ『Firefox Reality』をOculus Quest対応 音声入力機能やトラッキング保護機能も搭載
9 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
10 宝塚大学(新宿)のオープンキャンパスが3月25日に開催 『クーロンズゲートVR』の制作にも携わった増田宗嶺氏の講義も
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど