VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

クロスデバイス、6色から選べるカジュアル向けVR「HOMiDO Grab」を販売開始

2017年06月06日 11時19分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



360VRサービス『idoga VR』を展開するクロスデバイス(HOMiDO JAPAN)は、新たにカジュアル向けVRグラスとして「HOMiDO Grab」の販売を開始した。

「HOMiDO Grab」はHOMiDOグラスシリーズではミドルクラスに当たる価格帯の4,980円(税込)で販売され、既存のHOMiDO V2とHOMiDO Miniの双方の長所を併せ持つ若者向けのVRグラスだ。

これまで本体の色が黒一色であったHOMiDO V2と比べると、選べるカラーバリエーションが全6色に増え、本体を頭部に固定するベルトを排除し、シンプルな構造にするとともに、手で持って使用した際に滑らないよう、本体部分に凹凸をつける工夫が施されている。

また、V2で好評であったアクションボタン(スマートフォンを取り外さずに画面をタップできる)を継承し、まさに使い勝手を考慮した機能性重視の製品に仕上がっている。


■HOMiDO Grabの3つの特徴

【スマホをワンタッチで装着】

HOMiDO Grabへのスマートフォンの装着は上位機種のHOMiDO V2と同じ前面パネル格納式を採用しているため、スマートフォンでVR動画再生後にスムーズに装着することが可能です。スマートフォンを上下に可動するクリップで挟み込んでしっかりと固定する機構を採用している。

【カジュアルな全6色カラー】

ライフスタイルや、スマートフォンのカラーリングに合わせて、お好きな色を赤/青/黄/ピンク/白/黒の6色から選択できる。また、ヘッドマウントの常識を覆し、ヘッドバンドを使用せず手で持って使用するライトスタイルを採用している。

【どんな体勢でも没入感◎】

HOMiDO Grabは手軽に楽しむことをコンセプトにしているため、頭部にベルトで固定する仕様ではありませんが、顔との密着度は上位機種のHOMiDO V2を踏襲している。つまり、周囲の光を完全に遮断しますので、寝そべっても、仰向けでも、どんな体勢でも没入感あるVR動画が楽しめる。


■HOMiDO Grab詳細
名称 : HOMiDO Grab
価格 : 4,980円(税込)
販売サイト: https://store.idoga.jp/
HOMiDO JAPANオフィシャルサイト: http://www.homido.jp/grab/
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
2 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
3 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
4 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
5 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
6 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
7 【PSVR】バンナム、『サマーレッスン:アリソン・スノウ』 DX版の特典を公開…アリソン・スノウ テーマなど
8 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
9 Beijing Pico Technolog、スマホを装着するタイプのVRHMD「Pico 1」の販売開始
10 CRAVA、VRで電車を運転する『鉄道運転士VR』をSteamでリリース 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど