対戦!タップドリフトレーシング、ブループリントに関するVRVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ブループリント、VRに対応したネットワーク対戦型レーシングゲーム『対戦!タップドリフトレーシング』の提供開始

2017年06月09日 14時45分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加




ブループリントは、6月9日、VRに対応したネットワーク対戦型スマートフォン3Dカーレースゲーム『対戦!タップドリフトレーシング』を国内を含む173カ国のアプリストアでリリースした。

本作は、ブループリントの提供するVR+(プラス)によるVRモードでのゲーム操作が可能で、Google CardboardやMilboxTouchに対応したヘッドセットを装着してゲームの世界をVR空間に拡張して楽しむことが可能。


【対戦!タップドリフトレーシングの特徴】

◆タップだけのカンタン操作
タップするとアクセル、指を離すとブレーキングの簡単操作。単純でありながらもタップ操作の絶妙なアクセルワークが勝負のカギとなる、まさに手に汗握るエキサイティングなカーレースだ。


◆コーナーを攻めて華麗にドリフト
コーナーを高速度で走行すると、車がドリフトしてコーナーを抜けるときにブーストが発動して一気に加速できる。速い速度で攻めすぎると車はスピンしてしまう。コーナー進入から加速まで、全神経を指先に集中させろ。


◆プレイスタイルやコースに合わせて車をチューニング
車の性能を決めるのは4種類のパラメーター、「SPEED」、「BREAK」、「ACCELERATE」、「CORNERING」。プレイスタイルやコースに合わせてチューニングが可能。自分だけのスペックでレースに参戦だ。


◆自分好みの車にスタイリング
見た目だってこだわりたい。全ての車のボディとホイールはデザインを組み替えることができる。オンリーワンのスペシャルデザインカーで誰よりも目立って勝負に挑め。


◆デジタルならではのダイナミックなコース
40種類以上のデジタルならではのギミックを散りばめた立体的でダイナミックなコースはレースの臨場感と興奮度をさらに盛り上げる。


◆臨場感は絶頂域に!VR+(プラス)でゲームの世界を拡張
VR+(プラス)対応だからスマートフォンモードとVRモードの2通りの楽しみ方でゲームの世界を体験できる。外出時はスマートフォンモードで、家に帰ってからはヘッドマウントディスプレイを使ったVRモードで、コース全体を見渡しながらレースを楽しもう。実際のラジコンやスロットカーのサーキットで遊んでいるような臨場感が味わえる。


◆待ち時間無しで世界中のプレイヤーといつでも対戦
オンラインチャレンジ対戦を装備。世界中のプレイヤーのベストタイムにいつでも挑むことができる。世界につながるタップでワールドザベストを獲得せよ。


◆「挑戦ならいつでも受けて立つ!」SNSで挑戦者を募集
ベストタイムが出たらSNSで挑戦者を募集することも可能(挑戦者はシェアしたリンクからアプリを起動して対戦スタート)。

 


 
■アプリダウンロード
 

App Store

Google Play




(C)2016 BLUE PRINT Inc.




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 対戦!タップドリフトレーシングブループリント

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
2 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
3 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
4 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
5 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
6 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
9 【PSVR】バンナム、『サマーレッスン:アリソン・スノウ』 DX版の特典を公開…アリソン・スノウ テーマなど
10 【PSVR】VRフィッシング『Catch & Release』が4月26日にリリースへ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど