Bethesda Softworks(ベセスダ・ソフトワークス)、PlayStationVR(PSVR)、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ベセスダの『DOOM VFR』はリリース時から日本語対応か

2017年06月21日 14時48分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ベセスダは、FPSゲーム『DOOM VFR』の予約を米のPlayStation Storeで予約開始したことは先日弊メディアでも報じているが、Steam上においても、3300円で予約が開始されている。そのページの中で、日本語を含めた10ヶ国語の"インタフェース"、"字幕"、"吹き替え"対応の記載がある。
*『Fallout4 VR』に関しては英語のみだ。

このことからリリース開始当初より、日本語に対応した状態で配信する可能性が高いと見ていいだろう。最初からリソースが揃っているのであれば、PlayStation VR版の日本語対応・及び販売も同日とはいかないまでも期待がもてそうだ。『DOOM VFR』のリリースは北米で2017年後半を予定している。
 

『Doom』シリーズは、『Wolfenstein 3D』と並んで、FPSのパイオニアでもあるシリーズだ。また新しいハードが出たり、ハードウェアハックをしてインストールされる事が多く、その機器でDoomをどう動かすかという視点は業界での風物詩となっている節もある。

最近ではApple WatchMacBookProのTouch Bar、古くは銀行のATMiPod 5Gキャノンのプリンターなど様々な機器で動作している。
*いずれもリンク先はYoutube

そんな『Doom』の最新シリーズ『DOOM VFR』は、公開されている動画から近未来の世界観と血まみれの床、異形のクリチャーが暴虐的に暴れまわる世界をVRを使って体験できる。
 


©2017 ZeniMax Media Inc. All Rights Reserved.
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Bethesda Softworks(ベセスダ・ソフトワークス)SteamPlayStationVR(PSVR)

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェネシスホールディングス、一体型VR HMD『DIGI+ DGP-VRG01』を販売開始 価格は52,800円から
2 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
3 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、「VR ZONE Portal URASOE」を6月27日に沖縄にオープン
5 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
6 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
7 AR最前線…『ポケモンGO』池袋はポケモン発生地の宝庫 名所として知られる池袋西口公園&サンシャインシティを巡る
8 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
9 360Channel、残念な寝顔にも程があるイケメン猫「セツくん」のVR動画を一挙公開 
10 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど