Vird、Google Playに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ViRD、積み木の要領で3Dモデルを作れるスマホARアプリ『Makebox AR』をリリース

2017年06月26日 10時45分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
ViRDは、6月23日、ARモデリングアプリ『Makebox AR』をGooglePlayでリリースしたことを発表した。同アプリは、誰でも簡単にスマートフォン上で3DモデリングをすることができるARアプリケーションだ。

AR技術「Tango」を利用できる端末に対応しており、現実空間で積み木感覚で直感的な3Dモデリングが可能だ。6月23日発売された「ZenFone AR」にも対応している。
 
 
制作したモデルはWebでの共有や、objファイルでの書き出せるため、他の3DモデリングツールやUnityやUE4等のゲームエンジンで利用することできる。また、毎日お題が更新されるため、作りたいものがなくてもお題に沿った3Dモデルを気軽に作るなど、ゲーム感覚で楽しむことが可能だ。


【アプリ概要】
アプリ名: Makebox AR
価格: 無料
対応機種: Tangoを利用できるAndroid端末
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vird.makeboxar
公式サイト: https://make-box.com
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( VirdGoogle Play

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
2 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
3 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
4 【PSVR】 『Beat Saber』のDLC『Monstercat Music Pack Vol. 1』が海外で配信開始
5 PC向けの新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」が2019年春に登場 外部センサーいらずで価格は399ドルで
6 マウスコンピューター、RTX 2060搭載のノートPC「DAIV-NG5800」を販売開始 17万9800円(税別)から
7 【PSVR】『Beat Saber』が3月7日、ついに国内リリースへ
8 メディアフロント・ジャパン、VR テーマパーク「HEADROCK VR JAPAN in 東武動物公園」を3月21日オープン 
9 マウスコンピューター、薄さ約2cmのクリエイターPC「DAIV-NG5510」シリーズを販売開始 GTX1050搭載で14万9800円(税別)から
10 Ubisoft、『Space Junkies』オープンベータを国内PS STOREで配信中 クロスプラットフォームにも対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど