コーエーテクモゲームスに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

コーエーテクモ、「VR SENSE」タイトルに『DOAX』、『戦国コースター』などを発表 筐体価格は320万円に(税抜)

2017年06月28日 13時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
コーエーテクグループは、6月28日、VR筐体「VR SENSE」の発表会を行った。発表会では、コーエーテクモホールディングスの会長襟川氏が登壇。

その新作タイトルとして、『DEAD OR ALIVE XTREAM SENSE』と『超 戦国コースター』を発表した。
 

1筐体に5タイトルまで搭載可能。専用のヘッドフォンを装備し、筐体の価格は320万円となる。(税抜)

筐体の初回ロットはキャンペーン価格になる。(価格は非公開)。

さらなる詳細はおって報告する。


・【VRセンス発表会】襟川会長「3年以内で1000台が目標」 個人からの注文も明らかに
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモホールディングスコーエーテクモゲームスコーエーテクモウェーブ

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
4 CESA、「CEDEC 2018」のセッション情報の第一弾を公開 バンナムの「パックマンMR」などXR領域をまとめる
5 【おはようVR】PSVRとPS4Proのセットが数量限定でお買い得 『GUNGRAVE VR COMPLETE EDITION』が8月23日発売など
6 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
7 コロプラ、VR体験ブースを「デリシャカス2016」と「超☆汐留パラダイス!」に出展
8 「ウォーキング・デッド」のスマホ用ARゲームが近日中に公開 拡張現実の加速なるか
9 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど