カプコンに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

カプコン、『バイオ7』でCEDEC AWARDS 2017の関連2部門を受賞

2017年07月12日 12時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



カプコン<9697>は、同社の“サバイバルホラー”『バイオハザード7 レジデント イービル』が、CEDEC AWARDS 2017のエンジニアリング部門、サウンド部門で優秀賞を獲得したと発表した。

この受賞を記念して『BIOHAZARD 7 resident evil』サウンドメイキングを公開、そして本作の開発責任者、竹内潤が語る「バイオハザード7」の開発者インタビューが公開されている。
*エンジニアリング部門での受賞は「バイオハザード7」開発チームではなく、「RE ENGINE」開発チームでの受賞となる。


■エンジニアリング部門:「RE ENGINE」開発チーム

 

AAAタイトル制作が可能なゲームエンジンを開発する高い技術力およびMTフレームワークから続くタイトルのための内製ゲームエンジンを開発する姿勢を高く評価された、としている。

現在同社の開発責任者、竹内潤氏が『バイオハザード7』について語るロングインタビューにおいて、その中では新たな内製ゲームエンジン「RE ENGINE」の特徴と新エンジン採用にあたって、開発体制そのものを変革したドキュメントが詳細に語られている。

また現在、Social VR Infoにおいても、インタビューを行っている。

【関連記事】
・【インタビュー】『バイオ7』を通じた「VRモード」と「RE ENGINE」の挑戦…カプコンのVRへの取り組みについて川田氏、高原氏に聞く(前編)


■サウンド部門:『バイオハザード7 レジデント イービル』サウンド開発チーム
 

ゲーム全編をTVとVRの両方に対応させる効率的なワークフローを構築しつつ、静と動のメリハリを活かした没入感あるVRホラーサウンドは、トラウマレベルの恐怖を見事に演出。技術と演出の両面を評価された、としている。

静と動のメリハリを活かす。「バイオハザード7」サウンドはどのように生まれたか?プレイヤーに圧倒的な恐怖を体感してもらう。そのために『バイオハザード7』サウンド開発チームは一切の妥協を排した音創りを行った。
その真実に迫る長尺動画を公開。サウンドクリエイターを目指す方はもちろん、ゲームファン必見の映像となっている。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カプコン

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど