傷物語 VR、アニプレックス、PlayStationVR(PSVR)に関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PS VR】『傷物語VR』が無料で配信中 忍と二人で物語を振り返り

2017年07月14日 15時54分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニ ー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(以下 SIEJA)、アニプレックス、カヤックは、3社共同で開発した『傷物語 VR』をPlayStationStoreで無料で公開した。

同タイトルは、PlayStationVR を使って、西尾維新氏による大人気小説〈物語〉シリーズの「傷物語」を題材に、本作中の主要人物であるキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと一緒に「映画 傷物語」を振り返るという内容だ。

PlayStation VRを装着すると、忍野忍がプレイヤーの隣にちょこっと座っている。また同作品のファンであるならば馴染みのある"あの場所"での鑑賞となる。当初は物語シリーズの舞台をVRで体験しているのだが、さらにその中でプロジェクションマッピングを見ることができる。

プロジェクションマッピングは、劇中のシーンに併せて多様に変化していく。例えば、死を意識したシーンでは走馬灯を思わせる演出など、いろいろな手法で体験者を魅了していくというものだ。
 

特に物語シリーズのアニメに関しては、その独特の表現方法が特徴的な作品であるため、非常に相性が良い。
 

原作ファンであるならば、もちろんプロジェクションマッピングだけではなく、原作を知っているファンであれば、プレイヤーの"影"がどうなっているか、忍がどういった行動をとるかなど、最初から最後まで目が離せない体験となっている。



■『傷物語』について

<作品概要>

高校二年生の阿良々木暦はある夜、伝説の吸血鬼であり、“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと衝撃的な出会いを果たす。

まばゆいほどに美しく。

血も凍るほどに恐ろしく。

四肢を失い、痛々しくも無残な伝説の吸血鬼。

全ての〈物語〉はここから始まる―
 

公式サイト

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニー・インタラクティブエンタテインメントアニプレックスカヤック

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど