Mortal Blitz、SKONEC Entertainment、Vive、Steamに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

韓国SKONEC、SteamでスタイリッシュFPS『MORTAL BLITZ』を7月末に発売

2017年07月19日 15時44分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
韓国のSKONEC Entertainmentは、スタイリッシュFPS『Mortal Blitz』をSteamで7月末に発売すると発表した。価格は未定。

同タイトルは、 UnrealEngine4で制作、プレイヤーは政府のエリート兵士になって数々のミッションをこなしていく。ミッションには時間制限のあるものも存在している。対峙する敵は人型の兵士から、邪悪な生き物まで様々だ。

『Mortal Blitz』は、現時点で韓国語、英語、中国語、そして日本語の字幕、吹き替えの4つの言語に対応している。
 

ストーリーは人間とアンドロイドが共存する世界。平和で秩序ある世界だったが、人との共存を嫌う過激派のアンドロイドが強力な政府を作り反旗を翻した。

プレイヤーとその仲間レイチェルとマックスは、アンドロイドとの共存と平和のために戦いに身を投じるというものだ。
 
▲行く手にはおぞましいクリーチャーも
 
▲仲間のレイチェルさん。

ゲームは所謂、ガンシューティング系のFPSだ。移動では表示されるワープポイントを選択肢ボタンを押す仕組みになっている。この方法によって、酔いに関しては自身で動くタイプよりも大幅に軽減がされている。

攻撃は、基本的に銃を使って行うが、AGC(Anti-Gravity Control System)と呼ばれるシステムでフィールドの転がっている武器を手に入れたり、爆発物を引き寄せ、投げて撃ち抜くことで爆破させることなども可能だ。

この操作によって、アイテムの取得をするためだけに余計な移動を繰り返さなくて済むようになっており、敵の排除に集中できるようになる。

また、Groggy Finish Systemと呼ばれる、敵の体力が低下した際にスローモーションで宙に浮いたところを、銃撃することで高得点が入るというシステムがあり、ゲームのおもしろさを一層際立たせている。
 
▲スローモーションになったところガンガン撃っていこう
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ViveSKONEC EntertainmentSteam

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
2 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
3 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
4 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』の7月アップデートを配信開始 『DOA Xtreme SENSE』に「女天狗」を追加
5 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
6 【おはようVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 アンビリアルがスマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」を発表など
7 ユニットコム、豪雨と派生災害の被害者への優先対応を発表
8 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
9 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
10 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど