NVIDIAに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

無料で遊べるNVIDIAの『VR Funhouse』リリースから1年 リハビリ用途などゲームだけに留まらない利用方法とは

2017年07月21日 16時51分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



NVIDIAは、同社の公式サイトにおいて同社の技術をVRを使ったゲームとして体験できる『VR Funhouse』の1周年となったことから、同タイトルを使った取り組みについて公開している。

『VR Funhouse』は、全世界24万回以上ダウンロードされており、フィジー、グリーンランド、ネパールなどを含んだ 175 か国以上でプレイされているそうだ。

ゲームプレイヤーから大好評であった事はもちろんのこと、様々な研究機関が同タイトルを用いた実験を行っている。

例えば、米ニューヨーク州にあるコーネル大学の有機ロボット工学研究所では、NVIDIA との協力のもと、ユーザーの手を押したり、手の動きに抵抗を加えたりすることで、握りや実際の物体との相互作用をシミュレートする運動感覚・触覚フィードバックを機能させるべく取り組んでいる。

このデモにおいては、『VR Funhouse』をベースに作成している。

また、イスラエルとボストンを拠点とする開発会社VRPhysio では、『VR Funhouse』を使用し、仮想世界と物理世界の境界線を曖昧にする別の研究に取り組んでいる。

同社の仮想現実のリハビリプラットフォームをサポートするため、『VR Funhouse』を改良して使用している。理学療法士とゲーム開発者が設計した同社のソフトウェアは、『VR Funhouse』を使用することで、患者の首や頸椎のエクササイズを支援し、上半身のリハビリ治療に役立っているのだとか。

更なる詳細に関しては、同社の公式サイトで確認が可能だ。
 

NVIDIA 

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( NVIDIA

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
2 Arenaが熱狂で包まれた 『IDOLiSH7 PRISM NIGHT』がVR ZONE SHINJUKUでお披露目…白井悠介さんも登場
3 ナーブ、 VR端末「CREWL」を活用した旅行客向けの広告事業を展開
4 ソースネクスト、映像制作ソフト「VEGAS」のVRコンテンツ制作ソフト「VR Studio」を発売 
5 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
6 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
7 コミカルFPS『Dick Wilde2』がPSVR、Steamなどで配信開始 クロスプラットフォームに対応
8 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
9 【おはようVR】クロスプラットフォーム対応の『Dick Wilde2』がPSVRやSTEAMに登場 RTX 2060搭載のデスクトップPCをマウスがリリースなど
10 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど