VR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRゲーム『東北ずん子VR』のiOS版をリリース CVを佐藤聡美さんが担当する癒しゲーム

2017年09月12日 15時32分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
エンタップは、9月11日、VRゲームアプリ『東北ずん子VR』を、App Store上で配信を開始した。

『東北ずん子VR』は、東北を応援するキャラクター「東北ずん子」(CV:佐藤聡美)と、癒しのひと時を過ごすスマートフォン向けVRゲームだ。

舞台は山奥の隠れ宿をイメージした囲炉裏のある和室で、プレイヤーが東北ずん子の語りかけに応じる形で物語が展開する。

物語は3通り。作中で選択したお餅の種類によってストーリーが変化する仕組みだ。

同タイトルは、2016年9月から、CCCグループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」にて資金調達を行っている。

その結果スタートから1日半で140万円を突破、1週間で目標金額の200万円を突破し、最終的に300名以上の支援者から350万円の調達に成功している。

このことで、通常のコスチュームに加え、ストレッチゴールに設定されていた「制服バージョン」も搭載となった。

なお、プレイには"Google Cardboard"、あるいは、それに準じたゴーグルが必要となる。


■『東北ずん子VR』公式サイト

URL:https://www.entap.co.jp/products/zunko/index.html


■ダウンロード

iOS版
URL:http://apple.co/2gTwJcE

Android版
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.entap.zunkovrapp


■『東北ずん子』について

「東北ずん子」とは、SSS合同会社による、東北企業・東北のクリエイターが無償で商用利用できる東北応援キャラクターだ。

これまでには2011年のゲーム化をはじめ、ボイスロイド化、ボーカロイド化、コミック化、2017年にはアニメ化もされている。




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 プレースホルダ、「リトルプラネット ららぽーと新三郷」をオープン いつもの遊びに先端技術を加えた知育系テーマパーク
2 IVR、無料のVtuber支援サービス「Vカツ」を発表 様々なパーツを組み合わせて自分だけのアバター作成へ
3 新会社バンダイナムコアミューズメントラボが10月に設立 VRや最新アーケードなどリアルエンタメ機器専門の開発集団
4 SIE、『Marvel’s Spider-Man』仕様のPS4 Proを9月7日に数量限定販売へ ゲームディスクやシーズンパスも付属で46,980円(税抜)
5 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
6 『VR ZONE OSAKA』の設置アクティビティ発表 新作「ゴジラ」や「ドラクエ」など…チケット予約は8月23日から開始へ
7 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
8 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
9 ユニットコム、 GTX1070とCore i7 8750H搭載のフルHDノートPCを197,618円(税込)で販売開始
10 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど