VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRソフトウェアのディヴァース、音響機器のゼンハイザーと実証実験を開始 最適化されたサウンドで更なる没入感を目指す

2017年10月13日 11時31分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



VRソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. (以下、ディヴァース)と、世界的な音響機器メーカーであるゼンハイザージャパン(以下、ゼンハイザー)は共同で、実証実験『PROJECT OMNIVERSE(プロジェクト オムニヴァース)』を開始を発表した。

同実験はVR空間の中の建築デザインデータに対し、その場にいるようなリアルな立体音響を再現することを可能にする立体音響シミュレーション及びコンテンツへの臨場感・没入感を高めエンタテインメント性の向上を目的としている。

ディヴァースが開発・提供する、VRツール『SYMMETRY(シンメトリー)』 は、VR空間の中で「アイデア」「イメージ」「デザイン」のより正確な共有と確認する円滑なコミュニケーションと意思決定を行う。

​そこにゼンハイザーが開発・提供する全周360°の空間全体の音場を再現する音響技術Ambisonics(アンビソニックス)を用いた『Ambeo VR Mic』、建物や構造物の反響の再現を可能にする残響特性信号『IR(Impulse Response インパルス・レスポンス)』。

そして収録された環境音から、新たな音源の追加・加工によるコンテンツへの没入感を高めエンタテインメント性を向上させるサウンドメイキングを組み合わせ、VR空間に最適化された立体音響の開発を行っていくという。

同社は、将来的な利用として、ビジネス分野では不動産におけるマンション・戸建て住宅の室内環境、コンサートホールのデザイン・演出、店舗・オフィスデザインにおける室内音響の再現、エンタテインメント分野ではコンテンツ開発におけるハイエンドな音響演出、効果、と説明している。


【SYMMETRY(シンメトリー)】

SYMMETRY(シンメトリー)は、VR空間の中で「アイデア」「イメージ」「デザイン」のより正確な共有と確認を行い、円滑なコミュニケーションと意思決定を促進するソフトウェアだ。

3DCAD(SketchUp)に対応しており、VR空間内での直観的な操作が可能です。ターゲット市場は建築・土木・デザイン・教育分野となる。
 
 
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
3 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
4 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
5 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
6 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
7 360Channel、身の毛もよだつVRホラー映像『むこうがわ~VR恐怖体験~』チャンネルの配信開始…スマホでも簡単に視聴が可能
8 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
9 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど