グラニに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

『黒騎士と白の魔王VR』 が「VR PARK TOKYO」に登場

2017年10月19日 14時36分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
グラニは、スマホRPG 『黒騎士と白の魔王』の世界観をVRで体験できるアトラクションを、アドアーズが運営する、VRエンターテイメント施設 『VR PARK TOKYO』 (アドアーズ渋谷店)にて提供すると発表した。

また、『黒騎士』の世界観が手軽に動画で体験できるVRアプリも同時にリリースする。


■『黒騎士』VRアトラクション概要


 

・VR アトラクション設置場所
『VR PARK TOKYO』 (アドアーズ渋谷店)

・名称
『黒騎士と白の魔王VR 潜入!魔王城 編』

・『黒騎士』VR アトラクション内容

『黒騎士』の物語のはじまりである、救世主が召喚されるシーンをVRで追体験できる。セオ、アリア、マンモンといった本編主人公と共に魔王城へ潜入する。VRならではの緊迫感ある潜入シーンと、モンスターとの迫力のバトルが必見だ。
 

■『黒騎士』VRアプリ概要


 
アプリ名称:黒騎士と白の魔王「VRミュージアム」

閲覧方法:
1:スマホのみ(360°動画)
2:VRゴーグルにスマホセットしたVRモード
配信日: 2017年10月20日(金)
App Store (iOS):https://itunes.apple.com/jp/app/id1282335049?mt=8
Google Play (Android):https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.grani.kurokishivr&hl=ja


・『黒騎士』VRアプリ内容
『黒騎士』VRアトラクションの映像が、スマートフォンでも閲覧できる他、『黒騎士』の舞台を3Dで再現した空間の中で、本編で流れるハイクオリティのアニメを楽しむことが可能だ。。


■『黒騎士と白の魔王』とは

従来のオンラインRPGをスマホに最適化させた、スマホ史上、最高に楽しめるオンラインRPGだ。

駆け引きの面白さを追求した、新機軸のバトルシステム「ウェイトシステム」をはじめ、生産やバザーなど、圧倒的なやりごたえを提供する。

詳細は公式サイトをご覧ください。
【公式サイトURL】 https://kuro-kishi.jp

また、公式Twitterアカウントでは、最新情報を随時発信しています。
【公式Twitter】 https://twitter.com/kurokishi_jp


■『黒騎士と白の魔王』

 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



© Grani, Inc.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アドアーズグラニ

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど