VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

成田空港に多言語AIチャットボット「Bebot」を配置へ 

2017年11月10日 10時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ビースポークは、11月14日から、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」のサービス提供を、成田国際空港向けに開始すると発表した。

同サービスで訪日外国人は、スマートフォンを通じて空港や日本での旅行に必要な情報を英語で取得することが可能となる。

「Bebot」は、訪日外国人向けコンシェルジュ業務を人工知能で対応可能にしたチャットボットだ。「ガイドブックを超える体験」をコンセプトに、 世界トップレベルの開発者や研究者によって開発しているという。

「Bebot」があれば、訪日外国人の質問やリクエストに、365日いつでもスマートフォンを通じたリアルタイムの多言語対応を行うことが可能だ。

まずは英語のサービスから開始し、試験期間を経た後に多言語対応することを予定している。

「Bebot」の利用では、「空港内での両替所は?」「新宿までの行き方は?」「空港周辺でオススメのスポットは?」等、利用者からよく出る質問に対して、リアルタイムに対応することができ、成田国際空港を利用する訪日外国人の満足度の向上に貢献したい、と説明している。


■「Bebot」とは

「Bebot(ビーボット)」は、訪日外国人向けの「AI(人工知能)コンシェルジュ」だ。

宿泊施設や商業施設のスタッフに代わり、英語や中国語で24時間365日問い合わせに対応する。

利用者は、自身のスマートフォンやタブレット端末のブラウザ画面を通じて「Bebot」を利用することができる。

導入施設は、現場の負担を軽減するだけでなく、「Bebot」チャット内で利用者にレビュー投稿を依頼することも可能だ。

「Bebot」の導入にかかる期間は数日程度、施設ごとのカスタマイズもでき、現在国内の宿泊施設のうち約5,000室に「Bebot」を提供している。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
3 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
6 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
7 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
8 【PSVR】PS4システムアップデート本日配信 VRにヘッドホン接続時、Blu-rayでバーチャルサラウンド対応…ブロードキャスト時のコメント表示なども
9 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
10 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど