H2Lに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

H2L、NTTと東レの素材を使って触感型インタフェースの装着性を向上

2018年01月09日 17時23分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ゲームなどの仮想世界の擬似的な触感を自らの手で体感することができるデバイス「UnlimitedHand」を開発するH2Lは、同デバイスにおいて新たな素材の導入を発表した。

同社はこの素材を、NTTと東レが共同開発した機能素材「hitoe」をゲル電極の代替としてUnlimitedHandへ導入している。
 

従来はゲル電極を使用していたが、この機能では肌への粘着質な接触による不快感、乾燥による硬化や皮膚接触電気抵抗の増大による交換等の手間、洗浄できないことによる不衛生などの理由により、すべてのユーザから満足感を得ることは困難だったという。

今回「hitoe」を導入することで、

・爽快な装着感が得られること
・乾燥による劣化を気にすることなく長期使用が可能になること
・100回以上の洗濯耐性を有することによる衛生面の向上が得られること

など、ユーザへ高い満足感を提供することができたという。
 

さらに、各人の肌の状態により十分な疑似触感が得られないゲル電極の動作条件においても使用可能となり、触感呈示の性能を飛躍的に向上することに成功している。

H2Lでは、「これらの性能向上により、これまではゲーム開発者など専門的な知識を有する限定的なユーザにのみ利用されてきましたが、より一般的なユーザへ利用していただけるハードウェアとしての主要課題のひとつを克服した」と説明している。

VRコンテンツではより深い没入感が重要な要素となるが、今回の新素材の導入でより濃い体験が期待できそうだ。

 

公式サイト





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( H2L

ピックアップ

記事ランキング

1 新会社バンダイナムコアミューズメントラボが10月に設立 VRや最新アーケードなどリアルエンタメ機器専門の開発集団
2 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
3 『VR ZONE OSAKA』の設置アクティビティ発表 新作「ゴジラ」や「ドラクエ」など…チケット予約は8月23日から開始へ
4 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
5 IVR、無料のVtuber支援サービス「Vカツ」を発表 様々なパーツを組み合わせて自分だけのアバター作成へ
6 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
7 ユニットコム、 GTX1070とCore i7 8750H搭載のフルHDノートPCを197,618円(税込)で販売開始
8 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
9 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
10 SIE、『Marvel’s Spider-Man』仕様のPS4 Proを9月7日に数量限定販売へ ゲームディスクやシーズンパスも付属で46,980円(税抜)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど