VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Key、『planetarian』VRアニメ化 クラウドファンディングで目標金額の200%を達成し終了

2018年01月17日 15時40分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
Keyは、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」において、『planetarian』のVRアニメ化プロジェクトを行っていた。

先日募集期間が終了したが、その支援額が目標の1000万円を大きく上回る2030万6930円(目標金額の203%)に到達した。

同プロジェクトでは、「本編で語られた星空の素晴らしさを、さらなる臨場感で伝えたい。 フル3D映像そしてVR動画という新たな挑戦で「planetarian」本編でもお馴染みの、ほしのゆめみプラネタリウム投影シーンを描く」という内容だ。

今回、ストレッチゴールである2000万円を超えているため、実際に制作する『Planetarian3D』プラネタリウム投影シーンを動画としてBlu-rayに収録することとなった。
(*この動画はVRには非対応で、通常のBlu-rayプレイヤーで鑑賞する)

 

原作「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」の発売は2004年。PCダウンロード販売から始まった本作は、その後様々なプラットフォームの発売を経て、2017年には中国での配信も開始され、現在までの発売本数累計15万本と全世界で愛される作品だ。


■『planetarian』

舞台は近未来。宇宙開拓破綻に端を発した世界大戦のため、ほとんどの人間が死に絶え、地表では雨が降り続いていた。

時が止まったはずの封印都市で、『屑屋』の男が出会ったもの。それは、無垢な少女の形をした、一体のロボットだった…


■プロジェクト概要

アニメ製作・配給【アスミックエース】と、原作【Key/VisualArt's】共同でお送りするプロジェクト。

『planetarian』作中でもっとも印象的なシーンのひとつに数えられる、プラネタリウム投影シーン。

ゆめみの星空解説を、主人公である屑屋の視点で体感できるフル3DかつVR対応のアニメ動画を制作します。


■世界に広がる『planetarian』の星空

完成した3D VR動画は国内のみならず、海外展開も視野に入れ、各種VRデバイス、プラットフォーム向けに配信する予定。

その他、イベントでの体験も検討しているという。
 

CAMPFIRE

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 新会社バンダイナムコアミューズメントラボが10月に設立 VRや最新アーケードなどリアルエンタメ機器専門の開発集団
2 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
3 『VR ZONE OSAKA』の設置アクティビティ発表 新作「ゴジラ」や「ドラクエ」など…チケット予約は8月23日から開始へ
4 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
5 IVR、無料のVtuber支援サービス「Vカツ」を発表 様々なパーツを組み合わせて自分だけのアバター作成へ
6 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
7 ユニットコム、 GTX1070とCore i7 8750H搭載のフルHDノートPCを197,618円(税込)で販売開始
8 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
9 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
10 SIE、『Marvel’s Spider-Man』仕様のPS4 Proを9月7日に数量限定販売へ ゲームディスクやシーズンパスも付属で46,980円(税抜)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど