アイドリッシュセブン、バンダイナムコエンターテインメントに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Arenaが熱狂で包まれた 『IDOLiSH7 PRISM NIGHT』がVR ZONE SHINJUKUでお披露目…白井悠介さんも登場

2018年02月08日 12時08分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



アイドリッシュセブンが、東京・VR ZONE SHINJUKUで「IDOLiSH7 PRISM NIGHT」公開ゲネプロを行なった。

会場となったVR ZONE SHINJUKU施設内のVR ZONE SHINJUKU Arenaには、等身大のメンバーを一目見たいと多くの女性ファン達が駆けつけた。
 

この日アイドリッシュセブンがお披露目したのは、「MONSTER GENERATiON」、「RESTART POiNTER」、「MEMORiES MELODiES」、そして2月14日にリリースする「WiSH VOYAGE」など、アンコールを含む計4曲だ。
 
 
また、曲の間には、メンバーとのコミュニケーションを行うコーナー「君に聞いてみナイト!」なども設けられた。
 
「君に聞いてみナイト!」では、アイドリッシュセブンのメンバーに聞きたい質問を5色に光るペンライトを掲げ、その色の様子をメンバーが見て答えるというもの。

例えばピンクであれば「ライブの後、何してる?」、青なら「一番美味しい休日の過ごし方は?」といった具合で、5つある質問の中からメンバー各々が1人づつ登場しその質問に答えていった。

もちろんその答えと共に歓声が上がったのは言うまでもないだろう。

またスポットライトが当たっているメンバーの名前をコールしたりとペンライトでファンは各々にアピールした。
 

メンバーの「みんなライブは好き?」「アイドリッシュセブンは好き?」といった質問にファンは熱く答えていく。

また途中メンバーが、「後ろの人ー!!真ん中の人ー!!前の人ー!!」とファンを煽る場面もあり、ファンは大きな歓声をあげた。
 

▲白井悠介さんと二階堂 大和さん(アイドリッシュセブン)のツーショット
 
この日は大きなサプライズも。なんとメンバーとも親交の深い人気声優の白井悠介さんも登場している。
 
「IDOLiSH7 PRISM NIGHT」を通してのライブは、一糸乱れる姿というパフォーマンスではなく、各々の個性が良く現れていたライブだという印象だ。

コーナーや曲の合間でステージからはける際のメンバーのちょっとした仕草などからその個性を見られるのは、ライブならではの魅力だろう。

ファンの反応やペンライトの色次第で内容は変わってくるため、別の公演では違う体験になることもあり、そこはまさしくライブだ。

チケットも2月は一般公開初日となる14日からの数日や、土日の公演などのいくつかは売り切れが発生しているようだ。

会場となったVR ZONE SHINJUKUでは、今回の「IDOLiSH7 PRISM NIGHT」にあわせて限定コラボグッズや限定コラボフードを販売しているのであわせて見てみよう。


<『IDOLiSH7 PRISM NIGHT』 Produced by CG STAR LIVE概要>

・価格:4,800円(税込)
*VR ZONE SHINJUKUの入場料を含む

・チケット発売開始:1月20日(土)12時~
*2018年2月14日~3月公演分までのチケット発売

・チケット販売方法:チケット販売管理システム「Funity(ファニティ)」または全国のファミリーマートに設定されている、「Famiポート」にて販売。詳しくはCG STAR LIVE公式サイトを確認しよう。
https://vrzone-pic.com/cgstarlive.html

・会場:VR ZONE SHINJUKU

・公演日程:週12公演(火曜木曜の夜、土曜の午後、日曜の午前。詳細は公式サイトを確認しよう)
*公演回数は、今後予告なく変更になる場合がございます。

・対象年齢:13歳以上

公式サイト


©BNOI/アイナナ製作委員会
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アイドリッシュセブンバンダイナムコエンターテインメント

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
3 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
4 【UNREAL FEST EAST 2017】コロプラが脱Unity!? UE4を使ったVRゲーム移植のノウハウをお届け【前編】
5 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
6 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 「ジェクサー・フィットネス&スパ上野」、VRを使ったエアロバイクを導入
9 【PSVR】巨大ロボットアクション『Archangel』が日本語に対応し国内リリース
10 深海でサメに襲われる恐怖をPSVRで体感 『Ocean Descent』のオフィシャルムービーが公開
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど