VR記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

プレースホルダの体験型デジタルテーマパーク「リトルプラネット」がハワイに進出 H.I.S.のツアーにも登場

2018年02月13日 12時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


プレースホルダは、同社が運営する体験型デジタルテーマパーク「リトルプラネット」がハワイのワイキキ水族館で「Lea Leaデジタル水族館 リトルプラネット特別企画」を行うと発表した。この企画によって「リトルプラネット」は初の海外進出となる。

会場となるハワイワイキキ水族館では、カラフルな熱帯魚や珊瑚、希少な『ハワイアン・モンク・アザラシ』をはじめ、ハワイ独自の太平洋海洋生物の鑑賞、ハワイ各地の海を再現した水槽では珊瑚やその他の生物の様子がシュノーケリングやダイビングの際に見られる様な光景が展示されている。

またH.I.S.が、2月9日から発売開始するH.I.S.Ciaoハワイパンフレット対象のパッケージツアー又は、2月16日より全国一斉販売するH.I.S.ハワイ ファミリーパンフレット対照のパッケージツアーの申込み、且つ7月20日~9月30日にハワイ オアフ島に滞在者を対象に、滞在中一回無料で利用が可能となる。

プレースホルダは、現在「ららぽーと立川立飛」で運営を行っているが、2つ目の発表は海外での運営となった。なお代表の福岡、名古屋などからも誘致の話がきているという。
 





また、館内ではスマホを利用して日本語ガイドにて海洋生物を実際に『見て』『学んだ』後に"Lea Leaデジタル水族館 リトルプラネット"(Little Planet Waikiki Aquarium)では、熱帯魚やカメなどの海洋生物たちを"ぬりえ"(DRAW YOUR WORLD/ふしぎなぬりえの世界)と"スプレーでの落書き"(SPRAY PAINTING/デジタル落書き)で実際に動き出すVRを体験できる。

"AR砂遊び"(SAND PARTY!/AR砂遊び)では砂場と映像を組み合わせた火山の噴火や降雪、宝探しなど未来の創造型アソビを体験が可能だ。
 


■リトルプラネット ワイキキアクアリウム (Lea Lea デジタル水族館 リトルプラネット)概要

開催期間:2018年7月20日~2018年9月30日
営業時間9:00~17:00
場所:ワイキキ水族館特別会場
URL:http://litpla.com/space/litpla_waikiki_aquarium/

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど