VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

神戸デジタル・ラボ、大阪開催の大阪で開催される「VR/AR/MR ビジネスEXPO」で「HoloLens」向けのインテリアコーディネートアプリを展示

2018年02月20日 17時37分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


Webシステムやアプリの企画・開発を手がける神戸デジタル・ラボは、2月21日にグランフロント大阪で開催される「VR/AR/MR ビジネスEXPO」で、「Microsoft HoloLens」向けのインテリアコーディネートアプリケーションを展示する。

同アプリケーションでは、「Microsoft HoloLens」を装着したユーザーが、壁紙や床、ソファーなどの家具のコーディネートをMR技術によって体験が可能だ。

Microsoft HoloLens越しに見える空間上のボタンを操作して床や壁の色を変更したり、まるでそこに実物があるかのような空間を体験できる。

今回は1月に出展したウェアラブルEXPOの意見をもとにアプリをバージョンアップした。家具を回転させたり、スライダーのようなUIで他の家具情報に切り替える操作を手のジェスチャーで行える新機能の搭載も行っている。




■ KDLとモリサワの新デバイス向けフォントへの取り組み

アプリケーションではデジタルフォントのリーディングカンパニーであるモリサワ(以下、モリサワ)と共同研究中の、ウェアラブルデバイス向けのフォントを採用した。3Dでの投影や仮想空間上の文字との距離に応じて最適化されたフォントを体感できる。

フォントは、読みやすさはもちろん、媒体の種類、イメージ、読むターゲットや読むシーンに応じた表現を実現する重要なデザイン要素のひとつだ。これまでKDLではスマホやウェアラブル端末を含む様々なデバイス向けのアプリ開発を行ってきている。一方モリサワでは、アナログからデジタルの時代への変遷に柔軟に対応し、より多彩な表現を実現する多くのフォントを提供してきた。

パソコンやタブレット、ウェアラブル端末やHMDなどの新しいデバイスが次々と開発される中、KDLとモリサワは、画面のサイズが制限され目からの距離も近い眼鏡型ウェアラブルデバイス向けに最適なフォントや表示方法を共同で研究している。


■イベント概要

会期: 2018年2月21日(水) 11:00~16:00
会場:ナレッジキャピタル・コングレコンベンションセンター
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館
イベントURL:https://vrarmr-bizexpo-osaka20180221.peatix.com/

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 ジェットマン、足裏センサー「FootNavi」 試作版を VR技術と連携 TGS2018の宝塚大学ブースでデモ展示へ
2 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
3 ワイルドマン、TGS2018にVRゲーム「ガンナーオブドラグーン」を出展
4 マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 
5 JETMAN、Oculus Go 向け VR Ride Music Video『クーロンズゲート VR suzaku』をTGS2018で先行展示へ 宝塚大学 東京メディア芸術学部ブースにて
6 アドベンチャーワールド、ジャイアントパンダの赤ちゃんと母親「良浜(らうひん)」のVRライブ映像配信を開始
7 セガ エンタテインメント、ホラーVRアトラクション『タブー』を「SEGA VR AREA AKIHABARA」で稼働
8 【PSVR】『みんなのGOLF VR』のトレーラー公開 
9 【おはようVR】『狼と香辛料VR』のクラウドファンディングを11月開始 Viva GamesがTGS2018でホラー ADV VRゲーム「Kill X」を出展予定など
10 KDDIとWright Flyer Live Entertainment、VTuber事業で5G時代を見据え協業
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど