VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

CGとインタラクティブ技術の研究発表・展示をする「シーグラフアジア2018」が12月に東京で開催

2018年02月23日 15時38分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ケルンメッセは、毎年冬にアジアで開催するコンピュータ・グラフィックス(CG)ならびにインタラクティブ技術の研究発表・展示を行う国際会議「シーグラフアジア2018」(SIGGRAPH Asia 2018)を、12月に東京で開催すると発表した。

シーグラフアジアの日本での開催は横浜(2009年)、神戸(2015年)に続いて3回目であり、運営事務局ではアジア諸国を中心に世界中からエンジニア、アーティスト、学生が合計で1万名以上の参加者を予定している。シーグラフアジア2018は、日本政府観光局や経済産業省など、合計20以上の行政機関・学界・業界団体から後援・協力を受けているほか、プラチナ・スポンサー、ゴールド・スポンサー契約が決まり始めており、国内から高い関心と注目を集めている。

また、会期中、世界中から250名以上の学生ボランティアが参加する予定で、こちらも募集が始まっている。

「CROSSOVER(クロスオーバー)」を開催テーマとするシーグラフアジア2018では、コンピュータ・グラフィックス(CG)、バーチャルリアリティ(仮想現実: VR)、拡張現実(AR)、人工知能(AI)といった、最新技術に関する研究発表が国内外の研究者ならびに企業によって行うほか、企業や大学による これらの技術の実用化に向けた展示デモンストレーション、業界最高クラスのCG/アニメ/映画作品を上映するエレクトロニックシアターなど、国際学会ならではの最新プログラムが行われる。


■シーグラフアジア2018開催概要

会期: 2018年12月4日(火)~7日(金) カンファレンス: 12月4日~7日、展示会: 12月5日~7日
会場: 東京国際フォーラム(東京都千代田区)
主催: ACM SIGGRAPH
運営: ケルンメッセ(Koelnmesse)

主なプログラム(2018年2月現在)
アートギャラリー(Art Gallery)
コンピュータ・アニメーション・フェスティバル(Computer Animation Festival)
コース(Courses)
イマージング・テクノロジー(Emerging Technologies)
テクニカル・ブリーフ/ポスター(Technical Briefs, Posters)
テクニカル・ペーパー(Technical Papers)
仮想現実/拡張現実(Virtual & Augmented Reality, VR/AR)
展示会(Exhibition)
学生ボランティア(Student Volunteers)
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
3 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
4 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
5 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
6 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
7 【UNREAL FEST EAST 2017】コロプラが脱Unity!? UE4を使ったVRゲーム移植のノウハウをお届け【前編】
8 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
9 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
10 FitXR、『BoxVR』を国内PS STOREで配信開始 先行公開の米国・欧州では累計1億カロリー以上を消費!!
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど