VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Frorit、闘病中のこどもたちに向けて実写VRコンテンツを無償提供開始

2018年03月05日 16時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Frorit-フロリットは3月1日より闘病児向け実写VRコンテンツ「おでかけ眼鏡」の全コンテンツ無償提供を開始を発表した。同社は「おもいで眼鏡」など3D360度実写動画に特化したサービスを業界に先駆けて提供してきた。その撮影ノウハウや編集合成技術をより多くの闘病児支援に役立てるために闘病児支援向けの全コンテンツの無償提供を開始したという。

また闘病中の子供たちの負担を考えできるだけ酔いにくく目の疲れも少ないコンテンツを1コンテンツ5分から10分程度で作製しているとのこと。

■体験内容
360度実写3Dにて撮影されたコンテンツをスマートフォン等のVR機材にて体験できる。

・コンテンツ一例
職業体験・ヘリコプター搭乗体験・観光地旅行体験・星空体験

*制限事項 一般社団法人ロケーションベースVR協会のガイドラインに基づき7歳未満のお子様には2Dの体験となる。また13歳未満のお子様につきましては同ガイドラインに基づき保護者および主治医の同意をいただいた上で両眼立体視機器で体験する。
 
■医療機関・闘病児支援団体・ご家族の方からのお申込みお問合せについて

大阪府・兵庫県・京都府および近隣の医療機関でご希望がございましたら、実際に体験できる機材を持参の上ご説明させていただきます。開始当初につきましては先着月3件を目安に実施させていただきます。


■実施までの流れ
①お問合せフォームよりお問合せ・お申込み
②ご希望内容や病状等ヒアリングの上・体験内容を説明する。
③必要に応じて当社スタッフより主治医への説明・実際にVRコンテンツを体験できる。
④スタッフが機材を持参の上ご訪問。5~10分程度ご希望のコンテンツを体験できる。

体験内容の一例
職業体験・ヘリコプター搭乗体験・遊覧船体験・星空体験 コンテンツは随時追加予定。

■コンテンツの無償提供について

提供対象:医療機関および闘病児のご家族の方・その他支援団体
提供内容:撮影時の規約によりご提供可能な全「おでかけ眼鏡」コンテンツ
注意事項:1:必ずご家族・主治医の承諾をいただいた上で実施ください。
有料でのサービスにご利用いただく事はできません。
その他サービス提供契約書内の注意事項を遵守ください。

医療機関・闘病児支援団体・ご家族の方からのお申込みお問合せについて
大阪府・兵庫県・京都府および近隣の医療機関でご希望がございましたら、実際に体験できる機材を持参の上説明する。
開始当初につきましては先着月3件を目安に実施する。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】Disruptive Games、シューターとMOBAを組み合わせたACT『MEGALITH 』ベータ版を北米で配信開始
2 カヤック、大晦日にVTuberによる歌合戦イベント「Count0」を開催 キズナアイさんやユニティちゃんらが登場
3 あの映画「シャークネード」のVR ACTゲームがSteamで配信開始 12月にはPSVR版もリリース予定
4 MARUI-PlugIn、3Dデザインソフト「Blender」のVR/ARインターフェースの開発を開始
5 【おはようVR】「シャークネード」のVR ACTゲームが配信 「TYFFONIUM SHIBUYA」が11月23日にオープンなど
6 ハコスコ、Insta360 Proシリーズの体験説明会をリニューアル 参加費用の大幅に値下げも
7 プレイステーション 4 Pro グレイシャーホワイトが9月6日より発売
8 【PSVR】ヒットポイント、『ねこあつめ VR』を5月31日に発売予定 
9 東急レクリエーションとティフォン、体験型VRテーマパーク「TYFFONIUM SHIBUYA」を11月23日にオープン 
10 【おはようVR】『Smashbox Arena』のBigBoxVRがVRバトルロワイヤルを開発中 『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』の発売記念イベントが11月22日になど
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど