VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

マウスコンピューターが「CP+」にブース出展 クリエイターPC「DAIV」を使ったRAW現象やVRデモなどを展示

2018年03月06日 11時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



マウスコンピューターは、3月1日から4日にかけてパシフィコ横浜で開催したカメラと写真のワールドプレミアショー「CP+」でブース出展を行った。ブースには同社のクリエイター向け PCブランド「DAIV(ダイブ)」が並び、高いスペックを求めるデジタルカメラのRAW現像においてその実力を発揮していた。
 

 
また、カラーキャリブレーション、カラーマッチングプリントゾーンも設けており、明暗の調整や色温度の調整を行い、色味の変化具合を体験するデモも備えていた。
 

ブース内ではさらに、そのPCの性能の高さを活かし8KVRのデモも行っていた。使用していたPCは「DAIV-DGZ520M1-M2SH2-VR8K」だ。CPUにインテル6コアのCore i7-8700 プロセッサー 、グラフィックにGeForce GTX 1060(ビデオメモリ 3GB)、メモリ 32GB(16GB×2/ デュアルチャネル)、NVMe対応でM.2規格のPCI Express x4接続した256GBのSSDと2TBのHDDを搭載と贅沢な仕様になっている。

VRの動作にも非常に高いスペックを求めることが多いが、これだけのスペックがあれば理想的な状態でほとんどのコンテンツの動作がで可能だろう。
 

 

 
さらには、ブース内でのイベントも開催している。例えば写真家の諏訪 光二氏は、「ビッグデータ処理でもDAIVは強い味方~Photoshop/Lightroomでの 処理の流れ~」と題し、同社のPCとPhotoshop/Lightroomを用いてどのようにRAW現象を行っているか、初心者にでもわかりやすく解説を行っていた。

実際にプロが普段使用しているPCとワークフローで運用しているか来場者は興味津々、立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 新会社バンダイナムコアミューズメントラボが10月に設立 VRや最新アーケードなどリアルエンタメ機器専門の開発集団
2 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
3 『VR ZONE OSAKA』の設置アクティビティ発表 新作「ゴジラ」や「ドラクエ」など…チケット予約は8月23日から開始へ
4 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
5 IVR、無料のVtuber支援サービス「Vカツ」を発表 様々なパーツを組み合わせて自分だけのアバター作成へ
6 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
7 ユニットコム、 GTX1070とCore i7 8750H搭載のフルHDノートPCを197,618円(税込)で販売開始
8 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
9 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
10 SIE、『Marvel’s Spider-Man』仕様のPS4 Proを9月7日に数量限定販売へ ゲームディスクやシーズンパスも付属で46,980円(税抜)
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど