VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

リコー、VRを活用した360°表示のバナー広告事業に参入 AI利用で注目箇所を自動抽出…クリック率のアップも

2018年03月06日 13時20分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



リコー<7752>は、インターネットのバナー広告を360°の画像で表示するバナー広告事業に参入すると発表した。その一環として、360°の広告画像の提供から広告の効果測定などを行うサービス「RICOH 360 for Ad」を提供開始する。

<RICOH 360 for Adの主な特徴>

1. VRとAIを活用して広告画像内の注目すべき箇所を自動で抽出、クリック率アップ

リコー独自の360°の画像注目領域アニメーション技術(特許出願済)を活用し、これまでに撮影された360°の画像を学習することで、広告写真の中で注目すべき箇所を自動で抽出する。これによって、広告画像を水平に回転させるだけでなく、訴求したい領域が自動で映るようになる。

静止画の広告画像のクリック率と比較しても、本サービスによる360°で表示するバナー広告のクリック率は約1.5~2倍(自社実績)向上する。


2. 静止画にもかかわらず、上下左右360°全てを表示可能、低容量で訴求力が向上

ワンショットで360°の全天球イメージを撮影できるカメラ「RICOH THETA」で撮影した 360°の広告画像は、上下左右360°全てを表示することができる。静止画なので、広告画像のファイルサイズは動画と比較しても低容量で、広告を掲載するサーバーへの負担を抑えることが可能だ。一方で、上下左右360°に動いて表示されるため、広告視覚効果は動画と同等になる。

本サービスには2つのプランがあり、選択するプランによってサービス内容が異なる。
 

RICOH 360 for Ad

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
3 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
4 Odders Lab、迫る壁を避け、シルエットをすり抜けるリズムゲーム『OnShape』を今夏配信
5 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
6 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
7 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
8 4コア対応したCore i3とGTX 1060を搭載したミニタワーゲームPCをユニットコムが販売開始 価格は96,098円から
9 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
10 【PSVR】ボクシングゲーム『Knockout League』が国内PS STOREで配信開始 フィットネス効果にも期待!!
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど