VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ARスポーツ「HADO」のmeleap、韓国最大手の通信事業者と提携 ソウルに都心型VRテーマパークをオープン

2018年03月20日 15時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
meleapは、韓国の大手通信事業者KTと業務提携を行い、AR(拡張現実)技術を使用したスポーツ「HADO」の韓国で事業展開する。その最初の共同事業として行うのは、ソウルに都心型VRテーマパーク「VRIGHT(ブライト)」のオープンだ。

都心型VRテーマパーク「VRIGHT」は、流通・スペース事業をリード企業であるGSリテールとの共同投資でオープンする。「VRIGHT」では、HADOの他に、世界的な一人称シューティングゲーム「スペシャルフォース」をVRゲームで再誕生させた「スペシャルフォースVR:UNIVERSAL WAR」とフライングジェット(Flying Jet)など、約50種のVR/ARコンテンツを用意している。

今後、KTはこの体感型メディア空間事業を2020年までに200店に拡大しVR/AR市場を切り開いていく、と説明している。

KTの過去の取り組みとして2014年にソウルにて世界初のホログラム専用館「K-live」をオープン。2017年には、世界的なスポーツイベント「FIFA U-20 ワールドカップ」が開催された全州/水原ワールドカップ競技場で5Gの試験網を構築し、VR生中継を通じて「360度VR」や「インタラクティブタイムスライス」などで技術力を披露するなど、体感型メディア事業を積極的に行ってきた背景がある。

さらにKTは今後も投資を行い、3年後の2020年までに韓国にて体感型メディア市場規模を1兆ウォン規模に拡大するというビジョンを立てているとのこと。

【VRIGHTの概要】
オープン日:2018年3月1日
住所:Myoungmul-gil 62 Osiris Tower 2~3F, Seodaemun-ku, Seoul, Korea
料金:- 最大3つのゲームを利用できるビッグ3:1万5000ウォン
- 最大5つのゲームを利用できるビック5:1万7000ウォン
- フリーパス:2万2000ウォン
運営会社名:GSリテール
遊べるコンテンツ:
WEBサイト:http://www.vright.com/main.asp
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
2 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
3 360Channel、XR系企業数社と合同採用イベントを開催 その場で内定の可能性も
4 マウスコンピューター、災害の被災者生活再建支援のための取り組みを公開 
5 【おはようVR】「絶体絶命都市4」がゼンリンとタイアップ ダズルがコードアカデミー高等学校でイベント開催など
6 ナレッジコミュニケーション、マイクロソフトのMRパートナー企業に 空間へのテキスト表示や言語翻訳などの機能を提供
7 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど