VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VR制作ソフトの開発をするエフマイナーが「スペースリー」に社名変更 サービス名と社名の一致でブランド力向上を狙う

2018年03月28日 13時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



360度VRコンテンツを制作するクラウドソフト「3D Stylee(スリーディースタイリー)」を開発するエフマイナーは、4月1日付で社名を「スペースリー(英文名:Spacely, Inc.)」に変更すると発表した。また同日付で、同社の主力事業である「3D Stylee」のサービス名を、「Spacely(スペースリー)」に変更する。

同社は、社名変更、サービス名変更の背景と目的として、新しいサービス名は空間(スペース)のデータを蓄積し、活用するためのソフトウェアとしてさらに発展していくという思いを込めて、「Spacely(スペースリー)」としたこと。また、サービス名を社名と一致させることで、認知度の向上とブランド力向上、効果的な事業展開を目指し、合わせて社名を「スペースリー(Spacely, Inc. )」にしたという。

それに伴って、サービスサイトのドメインの変更も行う。

新ドメイン:https://spacely.co.jp(2018年4月1日より)
旧ドメイン:https://3dstylee.com (2018年4月1日以降は上記ドメインにリダイレクト)

コーポレートサイトのドメインは以下の通り変更となります。
新ドメイン:https://corp.spacely.co.jp(2018年4月1日より)
旧ドメイン:https://galleryfm.com (2018年4月1日以降は上記ドメインにリダイレクト)


【 3D Stylee(スリーディースタイリー)について】

2016年11月にサービス提供開始したVRコンテンツ制作クラウドソフト3D Styleeは、使いやすく高品質、リーズナブルな価格が支持され、不動産業界を中心に650アカウント以上に利用されるサービスに成長した。不動産仲介事業においては、オンライン反響率が2倍、成約率が4割から6割になる、成約における内見の数が8割になる、といった具体的な効果が、データが蓄積されるほどに、実感されるようになってきている。

4月1日よりサービス名および社名をSpacely(スペースリー)とし、空間データを蓄積、活用するためのソフトウェア、様々な分野における360度VRのビジネス利用のプラットフォームとして、更なる発展を目指していく。

 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
3 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
4 Odders Lab、迫る壁を避け、シルエットをすり抜けるリズムゲーム『OnShape』を今夏配信
5 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
6 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
7 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
8 4コア対応したCore i3とGTX 1060を搭載したミニタワーゲームPCをユニットコムが販売開始 価格は96,098円から
9 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
10 【PSVR】ボクシングゲーム『Knockout League』が国内PS STOREで配信開始 フィットネス効果にも期待!!
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど