VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ホロラボ、HoloLensの音声認識とジェスチャーを使ったドローンナビゲーションを開発 インフラ点検などへの活用に期待

2018年03月28日 14時14分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ホロラボとLiberawareは、HoloLensによるドローンナビゲーションシステムの共同開発を発表した。HoloLensは頭にかぶるWindows 10 PCだが、マウスとキーボードを基本的に使わずに、音声認識とジェスチャーで操作が可能だ。この機能によって両手がフリーになり、かつ汚れていても問題ないため、インフラ点検などの作業現場等では使いやすい面がある。

今回ホロラボは、小型ドローンとその関連システムを開発するLiberawareと共同で、ドローンナビゲーションシステムを開発した。 Liberawareの開発したドローンは、産業分野での利用を可能とするロバスト性を実現しつつ、小型ながらも自己位置推定を可能とするSLAM機能を搭載している。GPSの届かない屋内や地下などでも安全に航行出来ることから、狭所空間でのインフラ点検などでの活用への期待がある。

このLiberawareの小型産業用ドローンを、HoloLens着用者が音声とジェスチャーでコントロールし、ドローンからのセンサー情報を受け取りが可能だ。
 

ホロラボ側での開発は個人でもドローンを趣味とするCTO島田が担当し、ハッカソンのような密度の濃いやり取りで一気に作り上げたという。Liberawareは今回の取り組みを「Microsoft Innovation Award 2018」にてデモンストレーションを実施し、ファイナリストに選出となっている。

※Microsoft Innovation Award 2018:https://www.microsoft.com/ja-jp/startups/mia

HoloLensもLiberawareの小型産業用ドローンもどちらもSLAM機能を持つことから、空間を共有することでお互いの機能を補完し合う事が可能となる。ホロラボでは今後もLiberawareと協力を推進し、HoloLens/Mixed Realityの利用シーンとしても注目を集める土木・建設・設備施工&メンテナンスの分野で、「小型産業ドローンとHoloLens」の先進的ソリューションを企画開発して行くとのこと。

 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
3 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 イグニスの子会社パルス、バーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」をリリース 中国や北米など世界規模への展開も
6 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 『VR ZONE Portal』神戸の料金体系とアクティビティが決定 料金はひとり1回1000円に
9 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
10 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど