VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

CM企画・製作を行う太陽企画、コンテンツ東京で見せた先端技術を使った新たな表現とは

2018年05月02日 15時14分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



太陽企画の次世代ビジネスモデルをつくるチーム「TAIYOKIKAKU R&D」は、「コンテンツ東京2018」において、VRやARなどの最新技術を使った計6作品の作品展示を行った。

CMを中核とした広告宣伝全般の構成・企画から制作まで行う同社だが、遡れば2016年の東京ゲームショウでは、+RingというCGセクションがVRコンテンツの出展や 国立科学博物館とのコラボハコスコを販売していた。その後も、HoloLensを使用したMRコンテンツ「HOLOBUILDER」や、ハコスコシリーズの第2弾「おウチで国⽴天⽂台」を販売やコンテンツの開発を継続的に発表している。

そして今回展示していた作品は、HMDを装着して体験するVRといったものだけではなく、音を触ったり、3Dサラウンドを体感したり、カメラに映る人物がゾンビ化するなどその領域は多岐に渡っていたので紹介しよう。


■「さわれる音」
 

ダズルと共同で開発した「さわれる音」。空気の振動である音に注目し音に触れる感覚を楽しむ立体音響フルCGVRだ。SXSXにも出展しており、イベント中も行列が耐えない程盛況のあった展示だ。同システムは、空気の振動である音に注目し、Resonance Audio、HTC VIVE、 Leap motionを組合せることで実現した、音に触れることができる立体音響VRコンテンツとなる。センサーで手を認識し、様々な色・形をした音のオブジェクトを触れたり、掴んだり自由に動かすことができるというもの。

オブジェクトにより音が違うため、音を出すだけでなく重ねるな ど直感的に音楽をつくる感覚を楽しむことができる。Resonance Audioシステムを使用することで、空間サウンド (Spatial sound)を実現。部屋の残響や音の指向性、音がモノに遮られる感覚を感じることができる。
 

■3D SOUND TRIP 

 

音の再現が難しいされていた実写VRを立体音響で実現した五感で楽しむ体験型コンテンツだ。着陸する飛行機や種子島宇宙センターのロケットの発射時の大気の振動と感じることができる。自身が向いている方向によって音の位置がリアルタイムに変化するため、さらなる臨場感で映像を体験できる。
 

 

■SIGHT OF THE LIVING DEAD
 

カメラに映った自分の姿がゾンビになるAR作品。リアルタイムで映像から人間の顔を検出しゾンビへと変えており、妙な生々しさがある。複数人の変換に対応しているので、もっと大きな範囲でやった際にはより深いアポカリプスを体験することできそうだ。なお仕組みとしては、同社の社員の顔をベースにしたゾンビを顔に当てはめているそうだ。
 

■NORMAN THE SNOWMAN VR
 

プラネタリウム作品として開発したストップモーションアニメだ。実際に撮影で使った美術や人形を3Dsukyansite、よりリアルな造形にこだわったという。優しく安心して体験できる作品だ。VR HMDの年齢制限がもどかしい。コンテンツ内はヨーロッパを想起する石畳の地面など随所に拘りを見れた。
 


 
■TINT


キネクトを使った作品となる。カメラに写った自身のシルエットがインクとなって広がっていくコンテンツでダンサーなどとのコラボ作品や、大きな会場などで強烈なインパクトを残しそうだ。
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
4 CESA、「CEDEC 2018」のセッション情報の第一弾を公開 バンナムの「パックマンMR」などXR領域をまとめる
5 「ウォーキング・デッド」のスマホ用ARゲームが近日中に公開 拡張現実の加速なるか
6 VRイベントプラットフォームのクラスター、有料イベントを開催機能β版を公開 8月31日に輝夜月の音楽ライブ開催
7 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
8 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
9 クリーク・アンド・リバー、7月17日にセミナー「UnityでスマホVR制作を楽しむ! VTuber作ろう篇」を開催 アプリ開発未経験者でも参加可能
10 【おはようVR】PSVRとPS4Proのセットが数量限定でお買い得 『GUNGRAVE VR COMPLETE EDITION』が8月23日発売など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど