VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

アルファコード、「安全教育ツール360°VR」を世界大手の建設用クレーンメーカー「タダノ」向けに提供

2018年04月25日 14時25分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



アルファコードは、8Kの実写VR映像を用いてより現実に近い事故現場が体験できる安全教育コンテンツ「安全教育ツール360°VR」の企画・撮影・編集・再生環境の構築を行ったと発表した。

同コンテンツは、世界大手の建設用クレーンメーカーであるタダノ向けとなり、5月9日~11日に東京ビッグサイトで開催される「ソフトウェア&アプリ開発展」のアルファコードのブースで体験できるという。

同社が制作したVRコンテンツの大きな特徴は、内容にストーリー性を持たせ、事故発生の原因を体感できる構成となる。従来のテキストやビデオでの学習は、文字情報や映像から状況を想像する必要があるが、VRは空間内に入って実際に体験できるため記憶に残りやすく、安全教育として効果的な手段として期待がある。

また、フルハイビジョンの約16倍となる高精細な8KのVR動画を使用することにより没入感や臨場感が高まるため、より現実に近い体験を得ることができるという。コンテンツはその第一弾となり、両社は今後も連携をして、安全教育を促進するためのVRコンテンツ制作を行っていく予定とのこと。


■安全教育ツール360°VRとは

起こりやすい重大な事故をVRを通じて体験することにより、作業中の事故を未然に防ぐ目的で制作し、タダノのサービス員向け安全教育コンテンツとなる。不注意によりタイヤに挟まれてしまう様子や、荷物を積載していない時の空車時定格総過重をオーバーした状態で旋回してしまったためにクレーンが横転する危険な様子をVR空間内で体験することができる。

コンテンツの再生にはアルファコードが独自に開発した、8Kで撮影されたVR動画を8Kの最高の品質のまま再生するプレイヤー「VRider Player」を導入している。

本コンテンツは、5月9日~11日に東京ビッグサイトで開催の「第27回ソフトウェア&アプリ開発展(Japan IT Week 春)」のアルファコードのブースで、高精細8KのVR映像によるリアルな事故体験を体感できる。またブースでは、自宅でもVRコンテンツが閲覧できる当社製のVRビューア「VRider グラス」配るという。



■第27回ソフトウェア&アプリ開発展(Japan IT Week 春)詳細

開催期間 : 2018年5月9日(水)~11日(金)

10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)

会場 : 東京ビッグサイト

ブース No : 東11-37

公式サイト: http://www.sodec.jp/

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
4 CESA、「CEDEC 2018」のセッション情報の第一弾を公開 バンナムの「パックマンMR」などXR領域をまとめる
5 【おはようVR】PSVRとPS4Proのセットが数量限定でお買い得 『GUNGRAVE VR COMPLETE EDITION』が8月23日発売など
6 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
7 コロプラ、VR体験ブースを「デリシャカス2016」と「超☆汐留パラダイス!」に出展
8 「ウォーキング・デッド」のスマホ用ARゲームが近日中に公開 拡張現実の加速なるか
9 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど