VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

東大発ベンチャーH2L、VRゴーグル『FirstVR』の一般販売を開始 筋変位センサで自分の腕がコントローラに

2018年04月26日 13時06分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



東大発ベンチャー H2L は、腕に巻くだけで直感的にVR/AR体験を提供する『FirstVR』の一般販売開始を発表した。FirstVRは2017年9月よりオンラインにて予約販売を行い、4月17日には開発者専用サイトにてSDK(alpha版)を公開している。そしていよいよ、本家電量販店、オンラインストアでの購入が可能になった。

『FirstVR』はスマートフォンでVR/ARが体験できるコントローラとゴーグルのセットデバイスで、アームバンド型のコントローラを腕に巻くことで、自らの手をコントローラにVR/ARを操作できる。軽くてコンパクトな仕様で、VRやARを体験したことのない方でもお手軽に体験できるようになっている。

同デバイスの特徴として、コントローラに搭載された筋変位センサにより自らの腕がコントローラになるというユニークな機能がある。それにより、手持ちのコントローラを使わずに自らの手の動きでVRやARを自在に操作することができる。またデバイス自体も軽くてコンパクトのため、場所の制限なく楽しめる。このことでアームバンド型のコントローラを腕に巻き、ゴーグルをかければすぐに新感覚のVR/ARが体験できるようになっている。

-内包物仕様
1. 光学式筋変位センサー搭載コントローラ
本体サイズ:W335mm×D80mm×H13mm
重量: 62kg
内蔵センサ: 14チャンネルの光学筋変位センサ
 3軸ジャイロ 3軸加速度 3軸磁気
内臓アクチュエータ:バイブレーション
通信: Bluetooth® 4.2
充電許容: USB Micro B 5V, 500mA
対応端末: <動作>iPhone6S以降またはAndroid6.0以降 
 <推奨>iPhone7以降、GALAXY S8 / S8+、Xperia XZs
※注意:通信環境や対応コンテンツによって動作環境が異なる場合がございます
対応OS: iOS, Android

2. VRゴーグル
本体サイズ: W170mm×H138mm×D98mm
視野角: 70~95度
重量: 180g
互換性: 4.7~6.0インチ画面のスマートフォン

3. 充電用USB A-microBケーブル

4. 保証書


■関連サイト
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
3 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
4 Odders Lab、迫る壁を避け、シルエットをすり抜けるリズムゲーム『OnShape』を今夏配信
5 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
6 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
7 【PSVR】『FF15』の釣りがさらなる進化を遂げた エクストリームVRフィッシング『MONSTER OF THE DEEP』がリリース
8 4コア対応したCore i3とGTX 1060を搭載したミニタワーゲームPCをユニットコムが販売開始 価格は96,098円から
9 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
10 【PSVR】ボクシングゲーム『Knockout League』が国内PS STOREで配信開始 フィットネス効果にも期待!!
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど