VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ハコスコ、長崎市からの受託案件でVRコンテンツ「DEJIMA JUMP」を開発 

2018年05月02日 14時16分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ハコスコは、長崎市の「出島」の現代と江戸時代を360度体感できるVRコンテンツ「DEJIMA JUMP」を長崎市から受託し開発を行ったと発表した。同コンテンツは、360度コンテンツの共有配信プラットフォームである「ハコスコストア」で配信開始している。

長崎市は1951年より、江戸時代の鎖国期にヨーロッパとの唯一の交易拠点であった出島の復元に着手している。昨年11月、約130年ぶりに江戸町と出島を結ぶ「出島表門橋」を架橋した。「DEJIMA JUMP」は、その「出島表門橋」のたもとからジャンプして、「現代」と「江戸時代」の出島の扇形を体感できるコンテンツとなっている。

本コンテンツを通じたエンターテイメントの提供によって、出島の歴史をより多くの人々に知ってもらうことが期待しているという。
 

■「DEJIMA JUMP」ハコスコストア専用ページ:

https://store.hacosco.com/dejima2018
 
本コンテンツにはハコスコストアの「ジャンプタグ機能」が利用されており、視聴時にスマホを手にしたままジャンプすることで、上空まで飛び上がった風景から出島広域を見渡すことができる。
 
ハコスコでは、観光促進のためのVRコンテンツ撮影・開発・配信のみならず、お土産(販売品)としても利用できるオリジナルゴーグルの制作まで、VRサービスをワンストップで提供している。同社は今後も2020年の東京オリンピックに向けて、日本全国の観光地や旅行業者との提携により、VRサービスを通じた観光業のさらなる拡大に貢献していく、と説明している。

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
3 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
4 【PSVR】ACライクなロボットACT『Code51:Mecha Arena』が北米でリリース
5 【PSVR】VRフィッシング『Catch & Release』が4月26日にリリースへ
6 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
7 「ジェクサー・フィットネス&スパ上野」、VRを使ったエアロバイクを導入
8 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
9 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
10 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど