グリーに関するVR決算記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【グリー決算説明会】グリーが寄せるVtuber事業への期待 今後の成長の一つの柱に

2018年05月01日 12時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



グリー<3632>は、4月27日、第3四半期の決算発表を行うとともに、同日、グリー本社でアナリスト・機関投資家・メディア向けの決算説明会を開催した。本稿では、同社の新たな柱として紹介した「ライブエンターテインメント事業」の関してお届けする。
 

現在、同社の中長期的な成長を目指す3つの柱の1つとして挙げたのが、ライブエンターテイメント事業で、Vtuberをメインにした内容となる。昨今、企業・個人を問わず参入の激しい領域だが、同社は100億円規模の資金、ゲームやVRで培ったキャラクターの魅せ方と運営力、IPとの連帯、といったこれまでのノウハウを基に日本だけではなくグローバルも含めた展開を行っていく。
 

ただし、立ち上がったばかりの領域ということもあり、現在の方針は市場と文化の形成を重要な点としているとのことだ。そのため、モーションキャプチャシステムや、専用スタジオ、配信システムなど周辺環境に関してもケアを行っていくという。なお、これだけを見ると自社内で大掛かりなエコシステムの様相を見せているところは注目すべき点だろう。

 

なお100億円規模の資金の内訳としては、約40億円を「VTuberファンド」として運用する。そして残りの60億円ほどの、プロモーション費用として大きく使用する見込みだ。現状コスト先行にはなるが、同社はこの領域を「Youtuber」、「インフルエンサー」、「アニメ事業」を包括した市場規模と想定し、生身ではできないライセンスビジネスとして、将来的には国内市場だけで数百億円になると予想しているとのこと。

その市場予測の実現の中で大きなプレゼンスを示せるかが今後の成長の鍵になりそうだ。




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
4 CESA、「CEDEC 2018」のセッション情報の第一弾を公開 バンナムの「パックマンMR」などXR領域をまとめる
5 【おはようVR】PSVRとPS4Proのセットが数量限定でお買い得 『GUNGRAVE VR COMPLETE EDITION』が8月23日発売など
6 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
7 コロプラ、VR体験ブースを「デリシャカス2016」と「超☆汐留パラダイス!」に出展
8 「ウォーキング・デッド」のスマホ用ARゲームが近日中に公開 拡張現実の加速なるか
9 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど